外構工事を依頼した業者が倒産してしまうと工事が止まってしまう

外構工事は、ブロックを積むような小規模なものでも数十万円以上かかってしまいます。

そのため、誰しもが「失敗したくない」と考えます。

失敗しないためには、外構専門業者を真剣に選ぶ必要があります。

業者選びを適当に行ってしまうと、手抜き工事をしたり暴利を取ったりする悪徳業者に出会ってしまう可能性があるからです。

例えば、高額な買い物だからといって安さばかりを求めてしまうと、最終的に粗悪な工事をされてしまう可能性があります。

どこで購入しても品質が一定な家電や電化製品を購入するときと同じような感覚で業者選びをしてしまうと、高い確率で後悔してしまいます。

そもそも、たとえ工事を依頼したからといって、悪徳・優良業者に限らず、庭が完成するとは限りません。

「エクステリア工事の契約をした後、または実際に庭造りを行っている最中にエクステリア業者が倒産してしまう可能性があるからです。

業者が倒産すると工事が止まってしまう

外構専門業者に外構工事の費用を支払う際、砂利を敷くだけの小規模なものであれば一括ですませるのが一般的です。

ただ、数十万円~数百万円に及ぶ大規模な外構工事の場合、2~3回に分けて支払います。

契約金としての意味合いはもちろんのこと、支払い能力があるかどうかを確認するためでもあります。

また、支払われた料金は使用する材料を購入するためにも必要なため、かなり重要です。

例えば、100万円の工事を行う際、工事が始まる前に初期支払い50万円、そして完成したときに残金50万円を支払うとします。

このとき、庭造りを依頼した後に業者が破産してしまった場合、支払ったお金は戻ってこない確率が非常に高いです。

※着手金や最終支払いの割合は外構専門業者によって異なるため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

また、たとえ工事が順調に進んでいたとしても、施工する会社が倒産した場合の庭造りは止まってしまいます。

例えば、200万円の外構工事を依頼したとします。

このとき、契約金として100万円を支払い、残りの100万円は庭が完成次第渡す契約を交わしました。

しかし、着手金の100万円を支払った後、70万円分の工事を終えた段階で契約した外構専門業者が倒産したとします。

このとき、最終支払いの100万円は無事なものの、支払った金額のうち30万円は返ってきません。

つまり、30万円の損をしてしまうということです。

さらに、エクステリア工事を行う業者がいなくなってしまうため、中途半端な状態のまま、あなたの庭は放置されてしまいます。

続けて工事を行う場合、当初の予定通り200万円分の庭を完成させるためには、失ってしまった30万円を補うために130万円の費用を用意しなければいけません。

そのため、始めに予定していた200万円分の外構工事を行うには、230万円の費用を用意する必要がある」ということです。

さらに、業者選びも初めからしなければいけないため、金銭的負担に加え、肉体的にもかなりの労力を強いられます。

途中で止まっている工事を引き受ける業者は少ない

このとき、外構専門業者の中には「他の会社が施工していた庭を引き継ぎたくない」という業者は多いです。

直前まで施工していた会社がきちんと工事をしているかどうか分からないため、真面目に造り上げたしたとしてもガタついたりすぐに壊れたりしてしまう可能性があるからです。

要するに、「クレームを受ける確率が高い工事は、できるだけ受注したくない」ということです。

そのため、最初の業者探しより大変です。

ただでさえ全体の1割程度しかいない優良業者を探すのが大変な作業を、さらに厳しい条件で行わなければいけません。

そのことから、庭造りのことを考えることが嫌になり、投げ出してしまう人は多いです。

その結果、完成していないエクステリアは荒れ果ててしまい、見るも無残な姿になってしまいます。

ここまでの内容を理解すれば、安心して外構工事を任せることができる優良業者に出会う必要があるということが分かるはずです。

ただ、前述の通り、優良と呼ばれる業者は全体の1割程度しか存在しません。

そのため、ほとんどの方は適当に工事をする悪徳業者に出会ってしまったり、資金繰りが苦しい倒産寸前の会社に外構工事を依頼したりしてしまいます。

この理由は単純であり、外構専門業者の良し悪しを見極めることができず、最終的に値段だけで業者を選んでしまうからです。

このページで述べてきた通り、外構工事で失敗しないためには業者選びが一番重要です。

高額な買い物で失敗しないためにも、あなたの庭を最後まで責任をもって施工してくれる優良業者を見つけ出してください。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル