外構工事の業者選びで相見積もりの他社提案を見せると失敗する

近年では、外構工事を行う方のほとんどが「相見積もり」を取るようになりました。

あいみつとは、複数の業者に見積もりを依頼することです。

提案してくれる工事内容や金額を比べながら一社に絞ることができるので、あなたの気に入った業者を選ぶことが可能です。

かつて、外構専門業者の中には、相見積りを嫌うところもありました。他社と値段を比べられてしまうからです。

しかし、時代の流れと共に、あいみつが一般的に行われるようになりました。

そのため、高額な工事を迫ってくる悪徳業者に出くわす確率が小さくなりました。

それどころか、お客様にあいみつを進めるエクステリア業者も現れるようになったのです。

ただし、相見積もりと言っても、お客様に選ばれるように各社ごとに誠意のこもったプランニングをしてくれます。

相見積もりで優良業者を見つけ出す

優良企業であれば、複数の業者と比べられてもサービスや応用力でお客様を獲得できます。

このこともあり、無料見積もりでも全力で提案してくれます。

つまり、「あいみつを行えば、悪徳業者を排除するだけでなく、優良業者を簡単に見つけ出すことができる」ということです。

エクステリアは、車や家電製品と違い、工事を依頼する業者で見栄えや品質が変わってしまいます。

失敗できないからこそ、数社から見積を取るのは当然のことです。

ただ、他社の提案した見積り内容を違う会社に見せてしまうと、お客様の足元を見る悪徳業者に出くわす確率が上がります。

「この会社よりも安く工事を引き受けることができる」などと言い、ろくな提案もせずに誘惑してくる可能性が高いからです。

そのため、他の会社が提案した外構プランや値段を見せる行為は、相見積もりでは絶対にしてはいけません。

他社が提出した見積書やプランを他の業者に見せてはいけない理由

あいみつを快く引き受けてくれるエクステリア業者の中に、「他社の見積書の内容を見せて欲しい」と言ってくる会社があります。

このような業者は、他の会社のプランを批判して、お客様から工事にかかる費用を聞き出してきます。

そして、見積もりもせずに事前に算出された工事金額よりも安い値段を提示してきます。

するとお客様は、「同じ外構プランなら低価格の外構専門業者に工事を依頼しよう」と考えます。

しかし、エクステリア工事は人の手によって作られるものなので、「全く同じ庭」というものは存在しません。

そのため、値段だけで業者を選んでしまうと、外構工事で失敗してしまう可能性があります。

これが、他社が提案してくれた見積もりや外構プランを他の業者に見せてはいけない理由です。

こうした行為を繰り返している業者は、本当にお客様のことを考えていません。

工事の質や提案できるサービスの内容で勝負せずに、値段のみで契約を迫っているからです。

たとえ不景気な時代であっても、優良業者はお客様のことを第一に考えています。

そのため、むやみやたらに安い値段で外構工事を引き受けることはしません。

質の高いエクステリアを作り上げるためには、人件費や高額な材料費がかかるからです。

それにも関わらず、大幅な値下げをして庭作りをすると、手抜き工事や粗悪な材料を使用せざるを得なくなります。

すると、施工直後は見栄えのある外構ができたとしても、出来上がった構造物に数カ月でひびが入ったり崩れたりしてしまいます。

まとめ

このように、業者を選ぶために相見積もりを行う際は、値段だけで決めてはいけません。

大切なのは、「あなたのことを一番に考えてくれて、自分のことのように親身になってくれる業者を見つけ出すこと」です。

もし、「他社の見積もりやプランを見せて欲しい」と言われたら、そのエクステリア業者とは関わらないようにしましょう。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル