新築外構工事の業者選び方:3つの依頼先を検証

悩む

外構工事の良し悪しは、施工業者にゆだねられていると言っても過言ではありません。

あなたのことを第一に考えて工事を提案、施工してくれる優良業者に出会うことができなければ、手抜き工事などをされてしまう可能性が高いからです。

しかし、星の数ほどいる外構工事業者の中で、優良業者はほんの一握りしかいません。

新築外構では「業者選び」が、非常に重要なポイントなります。

そこでこの項では、外構業者の選び方を解説していきます。

1.工事内容を明確にして施工業者を決める

外構工事を行うにあたり、一般の人では、フェンスや駐車場といった技術と経験が必要な工事を行うことは困難です。

また、一から工事を学ぼうとすると、相当な時間が必要になります。

工事費用を安く済ませたいがために、ご自分で工事を行うとします。万が一にも失敗した場合、工事の解体や材料の再購入、再工事を行うことになります。

したがって、工事費用が安いどころか、当初の費用の2倍以上かかってしまっては本末転倒です。

やはり、専門の外構業者に、工事を依頼するのが得策と言えます。

外構工事の依頼先として、ホームセンターやハウスメーカー、工務店、外構工事専門の施工店などがあります。

しかし、工事の内容にたいして、向き不向きや得意不得意があるのも確かです。

そこで、この項では、工事内容での依頼先を検証していきます。

これを、学ぶことで、工事の内容での適切な依頼先を選ぶことができます。

1-1. 格安外構業者

安さを売りにしている施工店として、ホームセンターを検証していきます。

物置や手摺(てすり)などの簡単に設置ができるものであればホームセンターがうってつけと言えます。

それに加え、物置などの既製品は、格安で購入できます。

なぜなら、ホームセンターは、商品を仕入れる際に大量仕入れを行うため、、他の施工店(ハウスメーカー・工務店・外構専門業者)では太刀打ち出来ないほど、安く商品を購入することができるからです。

また、設置工事も比較的、安く行うことが出来ます。

しかし、ホームセンターが、安く工事が出来るからと言って、すべての外構工事を依頼するのには注意が必要です。

なぜなら、外構工事には、駐車場コンクリート工事やブロック工事、レンガ、フェンス設置などの技術が必要な工事が多々あります。

ホームセンターの場合、それらの工事を専属の下請け業者が行い、中間マージンを利益として運営しています。

つまり、もともと安い工事価格から、ホームセンターの利益といえる中間マージンを差し引いた激安費用で、下請け業者が工事を行うことになります。

そのため、下請け業者が、その安い工事費用から利益を出すために、スピード重視の手抜き工事や、材料を減らすなどの欠陥工事を行っているのです。

それゆえ、ホームセンターは、あまり技術の必要のない、既製品などの取り付け工事に向いていると言えます。

1-2.ハウスメーカーを検討する(中間マージン)

新築で、お家を建てる際に、建物とお庭(外構)の工事を、ハウスメーカーや工務店に工事を依頼します。

このとき、建物の建設はハウスメーカーに依頼し、お庭の工事は、専門の外構業者に依頼する人が増えています。

なぜなら、ハウスメーカーや工務店に、工事を依頼したとしても、実際の工事を、下請け業者が行います。

工事を依頼するお施主様と、実際に工事を行う下請け業者の間に、ハウスメーカーや工務店がいるため、中間マージンが発生します。

つまり、工事価格が、高額になるということです。

ちなみに、中間マージンとは、工事を依頼するお客様と、実際に工事を行う施工会社との間に、もう一社の工事を管理する管理会社(ハウスメーカーや、工務店)が、入ることで、この管理会社の利益分の金額が、工事価格に足される分のお金のことです。

たとえば、20万円のペンキ工事(塗装工事)を行うとします。

このとき、工事を直接ペンキ屋さんに依頼をすれば、20万円の工事価格になります。

しかし、工事をハウスメーカーや工務店に依頼すると、実質20万円の工事価格に、ハウスメーカーや工務店の利益分、中間マージンが上乗せされるため、工事価格が25万円や、30万円などと高額になります。

家の建設には、設備屋や大工、外壁屋、クロス屋など、10社以上の工事業社が入り交りになるため、工事の指揮をとる管理会社(ハウスメーカーや工務店)が必要不可欠となります。

仮に、家を建設するにあたり、管理会社を省き、大工や設備屋などの家の建設に携わる全ての施工業者に工事を依頼するとします。

工事の工程(スケジュール)や、工事の管理のすべてを、お施主様が管理することになるため、工事完了まで、工事現場に付きっきりになります。

また、工事の知識不足により、品質の高い工事は、望めません。

つまり、管理会社を省いての、家の建設は無理ということです。

ただし、この管理会社に工事を依頼するメリットがあります。

それは、しっかりとした現場管理や、適正な工事の知識など、大手のハウスメーカーだからこそ出来る完璧に近い工事が約束されます。

それに加え、保証やアフターフォローも充実しています。

そのため、家の引き渡し後に、不具合などが発生した場合、すぐに解決へと物事が進むため、安心して工事を依頼することができます。

しかし、小規模リフォーム工事や、お庭の工事(外構工事)は、工事自体に、複数の施工業社が、入り乱れることがありません。

管理会社に工事を依頼しなくとも、十分に満足にいく工事が望めるのです。

つまり、外構工事などの、施工業者が少数の場合、業者管理の必要性がないため、直接施工業者への工事の依頼が望ましいと言えます

必要のない中間マージンをカットするためです。

1-3.外構工事の専門業者

家の建設はハウスメーカーに、外構工事は、外構業者に直接工事を依頼することを、お勧めします。

ここまで、何度か触れてきた、中間マージンが発生するからです。

たとえば、実質100万円の外構工事を予定するとします。

外構業者に直接工事を依頼すれば100万円ですが、中間マージンを利益としている、ハウスメーカーや工務店に工事を依頼するとなると、130万円程度かかります。

その差額の30万円で、カーポートを設置するなど、外構工事全体のグレードを上げることが出来ます。

外構工事自体の平均価格の目安は、家の建設費の10分の1から5分の1と言われています。

したがって、100万円から300万円程度が平均的な外構工事の費用ということです。

しかし、たとえ外構業者に直接、工事を依頼するのが適切と言っても、外構業者にも、それぞれ、違いが存在しています。

その違いとは、自社で工事を行っているのか、下請け業者に工事をさせているのかです。

仮に、下請け業者を使って、工事を行っている外構業者だと、ハウスメーカー同様の中間マージンが発生するので、実質の工事価格よりも割高になります。

つまり、外構の施工店とは違い、管理会社ということです。

したがって、自社で工事を行っている外構業者に工事を依頼してこそ、中間マージンの無い適正価格で、工事を行えるのです。

しかし、一般の人では、施工業者が、自社施工なのか、管理会社なのかの判断がつきません。

そこで、外構の管理会社の判断基準となるポイントを紹介します。

  • ホームページの完成度が高い
  • 営業マンの工事にたいしての知識がうすい
  • 豪華な事務所を設けている
  •  今までの施工件数をアピールしてくる
  • スーツ姿の営業マン

これらには、膨大な宣伝費用と、営業専門職を雇うなどの、管理会社としての経費が掛かっています。

工事の管理を主力とし、中間マージンで、会社が成り立っているがために、行えることなのです。

それゆえ、自社施工の外構業者よりも宣伝費がかかるため、工事価格も高めに設定されているのです。

それとは異なり、自社施工の外構業者は、経営戦略よりも、工事にたいしてのプロ意識が強く、職人気質の会社と言えます。

自社施工会社は、工事をきちんと完工して、それが信用となり、口コミなどで、仕事の受注を行っています。

また、作業にたいしては、天下一品ですが、経営戦略にたいしては不器用です。

つまり、お洒落な事務所や費用を掛けた宣伝で、集客をするのが管理会社で、工事に熱い思いで取り組んでいるのが、自社施工会社となります。

したがって、外構業者を選ぶには、工事価格に中間マージンの無い、自社施工会社に工事を依頼するのが賢明です。

なお、「見積り外構工事」のように、外構専門業者を無料で紹介してくれるサービスもあります。弊社もここに登録しており、あなたの住んでいる地域の優良業者を紹介してもらえるので、利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ.

外構工事の依頼先において、適材適所が理解して頂けたと思います。

極論、家の建設はハウスメーカーで、お庭の工事は外構業者が適切です。

外構工事は、見た目も大切ですが、機能性や工事自体の強度も重要な課題になります。

最近の建設業界は、安さを、うたい文句に工事を受注している業者が多々います。

たとえば、スーパーなどで買い物をするのであれば、30%OFFやお勤め品でも構いません。

味も、差ほど変わりませんし、毎日の食事なので、少しでも安く購入しようとするのは、当たり前の話です。

しかし、外構工事は、一生に一回の買い物になります。したがって、毎日消費している物ではないため、スーパーで買い物をしているのとは、異なります。

工事の激安品とは、本来、必要とされる材料を省いたり、手抜き工事を行ったりして完成させた工事と言っても過言ではありません。

適正な価格で、適切な外構工事を行うのであれば、自社で工事を行っている外構業者に工事を依頼することが絶対不可欠です。

これまで、解説してきたことを元に、工事に情熱をもった自社施工会社に出会えれば幸いです。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル