外構工事の業者は何を基準にして選ぶべき?絶対に失敗しない選びかた

これから外構工事を業者にお願いしたいとお考えの人は、非常に多いのではないでしょうか。

しかし、外構工事の業者とひとくちに言っても、たくさん存在しているため、どの会社を選ぶべきなのかを迷ってしまうものです。

そこで今回は、外構工事の業者の選びかたについてお話ししますので実際に役立ててください。

1.外構工事業者の探しかたについて

外構工事をお願いする場合、いくつかの方法があります。

1-1.ハウスメーカー

注文住宅を建てる際に、ハウスメーカーを利用されるケースは多いです。

大手のハウスメーカーであれば、誰もが聞いたことのある社名のため、安心感はトップクラスと言えます。

ですが、ハウスメーカーゆえに広告費やモデルハウスなどの関係により費用は高めと言うデメリットがあります。

また、大手ハウスメーカーの場合は、担当者が非常に多いかわりに個々が外構の知識を持っていない場合があります。

1-2.ホームセンター

実は、ホームセンターによっても外構工事をお願いできるケースがあります。

ホームセンターでは、実際に商品を見られるため施工後のイメージがしやすいというメリットがあります。

また、ホームセンターはハウスメーカーよりも料金は安めに設定されているため、値段重視であればおすすめの場所です。

ただし、ホームセンターは肝心な外構工事はあまり得意ではないというデメリットがあります。

なぜなら、ホームセンターが外構工事を受けるようになったのはここ最近のことだからです。

経験や技術を求めているのであれば、他の方法を考えましょう。

1-3.外構専門業者

餅は餅屋という言葉があるように、外構工事も専門業者にお願いするべきと言えます。

外構工事業者であれば、それを生業にしているということもあり、施工力がもっとも優れています。

よって、想像以上の外構が実現するというわけです。

外構業者は親会社にマージンを支払う必要がないため、その分安く施工できます。

つまり、外構専門業者であれば、オシャレな外構ができて値段も安いということです。

しかし、外構業者はたくさん存在しているため、良い会社を見つけるのは難しいというデメリットがあります。

2.絶対に後悔しない外構工事業者の選びかた

もし、外構業者に工事をお願いしたいとなった場合、どういう基準で選ぶべきなのか?

2-1.実績や経験を重視する

やはり、これから何年、何十年と過ごしていく家だからこそ、外構工事は失敗したくありません。

でしたら、外構工事の実績や経験が豊富な業者を選ぶべきです。

その分、数をこなしているわけですし、なにより長く営業できている業者は評判も良い傾向にあります。

2-2.値段の安さだけで決めないこと

費用が高い理由どんな人でも、同じサービスであれば少しでも安い業者を選択するものです。

しかし、外構工事の場合は注意しなければなりません。

なぜなら、費用が安いということは何らかの問題があるかもしれないからです。

たとえば、2人でやらなければならない工事を1人で対応したり、使わないといけない材料を使わなかったりなどが該当します。

当然、後々になって施工不良と気づき、余計にお金と時間とストレスがかかってしまうというわけです。

安物買いの銭失いという言葉があるように、安さだけにつられないようにするべきです。

2-3.分かりやすい見積もりと丁寧な説明

一般の人は、そう何度も外構工事を依頼することはありません。

つまり、難しい用語や一式として見積もりをだされたとしても、理解するのが難しいというわけです。

ですから、誰が見ても分かるようなものや、一式ではなく細かな見積もりを作ってくれるような業者は安心と言えます。

また、なぜその材料が必要なのかなどの細かいところもしっかり案内してくれる業者は、お客様のことを考えてくれています。

2-4.アフターサービスの有無で決める

一般的に、物が完成して引き渡しをすればサービスは終わりです。

ですが、外構工事の場合は、施工後に何らかの問題が発生する可能性があるため、そのときにアフターサービスの有無が重要になってきます。

もちろん、アフターサービスがしっかりしている業者であれば、第一にお客様のことを考えているため安心と言えます。

逆に、アフターサービスがなく、施工後の問題やトラブルにも真摯に対応してくれない業者はいくら施工費が安くても辞めるべきです。

2-5.できれば即決はしない

外構のデザインなどを考えていると楽しいですし、はやく完成させたいと思うものです。

ですが、そのままの勢いで即決してしまうと後悔する可能性があります。

たとえば、その業者は評判が悪い、料金は高い、施工は雑でトラブルだらけ、なんて後で知ったらどうでしょうか。

今のインターネット時代に、そこまで評判の悪い業者はいないかもしれませんが、即決をすることで後悔する可能性があるならいちど持ち帰るようにしましょう。

3.こんな外構工事業者は辞めておこう

ある程度、外構工事業者の選びかたをお伝えしましたが、そのなかでも、こんな業者は辞めることを検討するべき、というのがあります。

3-1.大きな値引きに応じてくれる

特定の業者で外構工事を迷っている場合、業者から値引きを提案されるケースがあります。

値引きを提案してくれるのは、依頼者からすればかなり好都合なため、勢いで契約してしまうことが考えられます。

ですが、その割引は適正でしょうか。

たとえば、500万円の新車を買う際に、半額の値引きを提案されたとしたら、きっとほとんどの人は、その車は新車なのか、何か問題があるのではと感じるはずです。

それは外構工事にも同じことが言えます。

とくに外構工事は、業者によって値段が異なるため最初の提示金額から大幅な値引きをしてくるようなら要注意です。

3-2.一括前払いしか受け付けてくれない

外構工事業者によっては、契約時と着工時、完成時など複数回にわけて金額を支払うケースがあります。

それは複数回に分けることで、依頼者の金銭的、精神的負担が減るからです。

もしくは、完成後に一括で支払うケースもあります。

どちらにせよ、支払関係も依頼者にとって負担にならないように対応してくれるのが良い外構工事業者と言えます。

ですが、大きな金額を一括で請求する業者には要注意です。

すべての業者が悪いわけではありませんが、業者が何らかのトラブルを抱えていたり、金銭的に余裕がなかったりする可能性があるからです。

運が悪ければ、施工中に業者が逃げてしまうことも考えなければなりません。

3-3.見積もり時に現地調査を行わない

正直なところ、電話やメールだけでは依頼者のお住まいの状況を知るのは至難の業と言えます。

ですから、本来であれば工事ができるのかどうかや、正しい見積もりを作るために現地に足を運ぶのが通常の流れです。

しかし、業者によっては面倒だからという意味で、現地に足を運ばずに何でも決めてしまうのはあまりにも危険です。

後々になってトラブルのことを考えるのであれば、現地調査を行わない業者は辞めておきましょう。

4.外構工事業者のまとめ

外構工事を検討される場合、適当な業者を選んでしまうと絶対に後悔します。

貴重なお金と時間を使う以上、確実に満足できる外構工事をお願いしたいと思います。

でしたら、事前に外構工事業者の選びかたを知っておけば、失敗や後悔せずに理想の外構が完成すること間違いありません。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル