お庭をコンクリートに!適正工事で費用を抑えるには?

庭がコンクリート

自宅のお庭の手入れを少しでも楽にと思い、お庭をコンクリートへ変えようと考える方もいるでしょう。

しかし、コンクリートにする際、「どのくらいの費用がかかるのか」・「デメリットはあるのか」と心配な点もあります。

この記事では、お庭をコンクリートにする際のメリット・デメリットや必要となる費用、施工を依頼する際に気を付けるべきポイントを解説していきます。

1.お庭をコンクリートにする際のメリット

自宅のお庭をコンクリートにすると、様々なメリットがあります。

ここでは、そのメリットを5つ紹介します。

1-1.雑草処理の必要がない

草むしり

何も施工されていないお庭の場合、雑草が自然と生えてきます。

そのため、生えてきたらその都度手入れを行う必要があります。

ただし、定期的に雑草の処理を行うのは、手間がかかる挙句、非常に面倒です。

特に、夏場は雑草の成長スピードが早く、手入れを怠ると伸び放題になってしまうので、季節によってはこまめに手入れすることが必須です。

お庭の雑草対策としては、さまざまなやり方が挙げられます。

「雑草を取り除きたい」という希望のみの場合は、除草剤をまく方法があります。

しかし、除草剤を用いる際は、薬害などの問題やペットを飼ってる場合、愛犬が舐めてしまう心配があります。

お庭の雑草対策では、人工芝や砂利を用いることがあります。

ですが、土の上に人工芝や砂利を敷くだけでは、雑草が生えてきてしまい対策としては十分ではありません。

より効果的な雑草対策をするなら、お庭をコンクリートにする方法が最も適しています。

コンクリートにすることで、雑草が生えてくることなく、面倒な雑草処理からも解放されます。

1-2.掃除の手間が省ける

自宅のお庭に人工芝や砂利を敷いた場合、風によってホコリが舞い込んでしまう恐れがあります。

また、小さなお子様がいらっしゃる家庭の庭に砂利を敷いてしまうと、「お子様が転倒したら危険」・「掃除がやりにくい」などのデメリットが挙げられます。

よく使用されている人工芝や砂利ですが、これらは平面ではないため掃除が困難です。

ですが、お庭をコンクリートにすると、平面なので掃除がとても楽になります。

例えば、お庭のコンクリートに落ち葉やゴミがあるときは、ほうきで掃くだけで掃除が済みます。

汚れならブラシでこすったり、高圧洗浄機で、汚れを落とすことができます。

お庭をコンクリートにすることで確実に掃除は楽になります。

1-3.耐久性がある

ほかの材料や素材と比較した場合、コンクリートには耐久性があります。

コンクリートは頑丈で、経年劣化も少ない点がメリットになります。

お庭のコンクリートを長持ちさせるために、湿気をためこまないようにするメンテナンスは必要です。

また、コンクリートにする際は、ある程度の費用や施工期間がかかってしまいます。

ただし、コンクリートのお庭については、きわめて頑丈で長期間の使用ができるので、維持費用を含めて考えても低コストといえます。

1-4.モダンなイメージにできる

一般的にコンクリートは無機質で冷たいイメージが持たれやすいです。

しかし、施工を工夫することでコンクリートを取り入れたシンプルで尚且つモダンなお庭を造ることができます。

たとえば、庭一面をコンクリートのみで覆いつくしてしまうと、どうしても無機質な印象が前面に押し出せれてしまいます。

そこで、コンクリートをベースとして、お庭の一部に芝や玉砂利などの有機質な素材を用いることで、シンプルモダンなイメージの演出が可能です。

ほかにも、必要に応じてライトアップも行えば、より温かみのあるお庭が完成します。

1-5.駐車場にできる

自宅のお庭をコンクリートにすると、駐車スペースとして活用することができます。

ですが、お庭をコンクリートにしなくても、車を止めることはできます。

ただし、土や砂利を使用しているお庭に車を止めると「車内に土ほこりが入る」「雨の日はぬかむる」といった問題があります。

加えて、車が出入りすることによって砂利が散らばってしまうケースも多いので、その都度駐車部分のメンテナンスも必要になります。

一般的な家庭の駐車場でも、コンクリートは広く利用されています。

コンクリートを使ってデザイン性が高い庭に仕上げることも可能なので、庭をコンクリートで施工して駐車場として使うことがオススメです。

2.庭をコンクリートにするデメリット

自宅の庭をコンクリートにすることには、デメリットもあります。

そのため、施工を行う前には、デメリットについても正しく把握しておくことが大切です。

ここからは、庭をコンクリートにするデメリットを5つ紹介します。

2-1.夏は照り返しがきつく感じる

お庭をコンクリートにすると、暑さが厳しい夏は特に照り返しが強くなるというデメリットがあります。

あまりにも高温のときには、「触るとやけどするのではないか」と心配してしまうほど、コンクリート面が熱くなっていることがあります。

お庭のコンクリートが熱くなっているときには水をかけるなどすると、照り返しがやわらぐ場合もあります。

また、庭全面をコンクリートにしてしまうと、余計に蒸し暑いイメージになってしまうため、一部を芝にしたり、庭で家庭菜園を行ったりするなどして緑を取り入れると、涼し気な印象につながります。

2-2.ひび割れしやすい

 

コンクリートは耐久性に優れた素材です。

しかし、ひび割れを起こしやすい面も持ち合わせています。

コンクリートは熱や温度によって、膨張したり、収縮したりするという特徴があります。

そのため、面積が広ければ広いほど、ひび割れを起こしやすくなるのです。

ひび割れを回避するためには、コンクリートの間に目地を入れたり、水はけを良くするために傾斜を付けたりするなどの工夫をすると効果的です。

2-3.きちんと施工しないと水はけが悪くなる

コンクリートの場合、きちんとした施工を行わないと見た目が悪くなるだけでなく、水はけが悪くなるという問題につながる恐れもあります。

お庭にコンクリートを使用する場合、ある程度の傾斜をつけることで水はけを良くしなければなりません。

傾斜があると、雨水などの水が溜まるのを防ぐことができ、結果としてコンクリートを長持ちさせることができます。

また、傾斜をつけるのであれば、雨水が流れた先の水はけ用のスペースも作っておく必要があります。

正しい施工ができていれば、雨天時にも庭に水たまりができることはないので歩きやすくなり、車の駐車もしやすくなります。

2-4.あとから撤去するのが大変

一度コンクリートを敷いてしまうと、リフォームをするときの撤去作業が大変になります。

コンクリートを撤去する場合、高額な撤去費用がかかるのが一般的です。

たとえば、15平米の駐車場のコンクリートを撤去するときには、コンクリートを処分するだけで3万円程度の費用がかかります。

ほかに、コンクリートをはがす費用や人件費が必要となるため、15平米で8万円程度のコストがかかることになるのです。

15平米は車1台を駐車するスペースに相当するため、庭が広いとその分撤去時の費用も高額になります。

2-5.工夫しないと冷たく無機質なイメージになる

庭にコンクリートを取り入れる場合、工夫をしなければ無機質で冷たいイメージに仕上がってしまう可能性があります。

たとえば、コンクリートのひび割れを防ぐためにも、目地に芝や砂利を取り入れるなどしてデザインを工夫して、模様として楽しむのも効果的です。

ほかに、仕上げを工夫するという方法もあります。

「金ゴテ仕上げ」をすると、コンクリートでありながら、表面がツルツルとした仕上がりになります。

「刷毛引き」は、表面を刷毛で引くことによって、ほうきで掃いたときのようなザラザラした触感となるのです。

コンクリート特有の無機質で冷たいイメージを軽減するために、表面仕上げの種類についても押さえておくと良いです。

3.他の方法との比較

お庭の施工は、コンクリート以外の方法でも可能です。

自宅のお庭の仕上がりで後悔しないために、コンクリート以外の方法について理解します。

ここでは、コンクリート以外の方法を3種類紹介し、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきます。

3-1.アスファルト

自宅のお庭をアスファルトで仕上げた場合、手入れがしやすく頑丈であるという点が大きな魅力となります。

アスファルトなら土ほこりが立つ心配もないため、お庭を駐車スペースとして使う場合に適しています。

ただし、一般的な住宅の庭をアスファルトにしてしまうと、無機質なイメージとなる恐れがあります。

また、アスファルト舗装の工事を業者に依頼すると中間マージンが必要となるので、必要以上のコストがかかることもあります。

3-2.砂利

砂利にはさまざまな色や種類があります。
そのため、砂利を取り入れると、自分の好みの庭が作りやすくなるというメリットがあります。
加えて、砂利は値段が安いので、施工費用も安く済む点も特徴のひとつです。
一方で、庭に砂利を敷くと掃除がしにくくなるというデメリットがあります。
たとえば、庭に落ち葉があるときでも、従来のようにほうきで掃いただけでは落ち葉を取り除くことはできません。
そのため、手でひとつひとつの落ち葉を掃除していくのは、時間も手間もかかります。
また、砂利のうえに自動車が乗るとタイヤの跡がついたり、ハンドル操作によって砂利がけずれて土がむき出しになったりするなどの問題があります。
砂利が敷かれた庭をきれいに保つのは、こまめなメンテナンスが欠かせません。

3-3.レンガやタイル

レンガやタイルを使って庭を造ると、おしゃれな雰囲気になります。

コンクリート平板をタイルのように敷き詰めて使うと、コンクリートのような質感を演出することも可能です。

しかし、レンガ・タイルの場合は、コンクリートと比較すると強度が劣るという特徴があります。

強度のことを考慮すると、庭を駐車場として使うのであれば、レンガやタイルの使用は控えたほうが良い場合があります。

4.庭をコンクリートにする手順と工期

お庭をコンクリートにする際には、手順と工期も理解しておくことが大切です。
まず、地面に勾配を付けていきます。
勾配を付けることによって、雨水がたまるのを防ぐことができます。
次に、20cmほど土を掘削して砕石を敷き詰めていきます。
こうすることによって、均一に仕上げることができるだけでなく、地盤沈下も防げるのです。
さらに、砕石を固めていきます。
砕石を固めるとコンクリートにひびが入るのを防ぎ、より頑丈な仕上がりになります。
続いて、型枠を設置して、形状をはっきりとさせます。
この作業が終わったら、ワイヤーメッシュを設置します。
この工程には、強度を上げるという意味があります。
ただし、ワイヤーメッシュの設置は重要な作業であるにもかかわらず、手抜きをする業者もいるので注意が必要です。
そして、コンクリートを流し込んでいきます。
最後に、コテなどで表面の仕上げを行います。
コンクリートが乾くのにかかる期間は季節によって異なるので、完成までの日数は多少前後します。
しかし、工事にかかる日数はおよそ3日間が平均です。

5.DIYで庭をコンクリートにできる?

DIYで自宅の庭をコンクリートにすることは可能です。

しかし、施工には専門的な知識や技術が必要となるので、DIYは難しいです。

DIYをする場合、失敗するケースもあります。

まず、コンクリートが固まる時間に、成型する作業が追い付かないという問題です。

すると、強度は不十分で、見た目も悪い庭となってしまうのです。

DIYで失敗してしまうと、最終的には専門業者に頼んで解体工事からやり直すことになります。

6.庭をコンクリートにする費用はどれくらい?

考える人

業者に依頼して庭をコンクリートにする場合、厚さが60mmなら1平米あたり3,400円程度が相場になります。

厚さが120mmで鉄筋入りになると、1平米あたり5,700程度が相場です。

この費用に加えて、人件費や土地の整形費、車両費用なども必要となるので、19~40万円程度の費用がかかるのが一般的です。

ただし、土地が小さいときには割高になるケースもあるので、その点も加味しておく必要があります。

工事にかかる費用は庭の広さによって異なるので、業者から見積もりをとったうえで決定することをオススメとします。

7.しっかり施工しつつ費用を抑えるコツ

施工はしっかりと行いつつ、費用を押さえたいなら、いくつかのコツを押さえておくことが大切です。

まず、ハウスメーカーなどの大手企業に依頼して工事をする場合、工事にかかった金額の25~40%程度はマージンとして引かれています。

具体的に、100万円工事にかかったとすると、30万円程度はハウスメーカーにお金が回っているのです。

このような理由から、できる限りは自社施工で工事を請け負ってくれる業者へ依頼したほうが、費用を抑えることにつながります。

次に、失敗を防ぐために、優良業者への依頼が望まれます。

依頼先が優良業者かどうかを見極めるときには、「相談に乗ってくれるか」や「施工の流れをしっかりと説明してくれるか」などの点に着目して選ぶことがポイントです。

また、デメリットについて説明ができる業者は、儲けだけでなく、工事の本質を正しく理解しているといえます。

さらに、品質の高い工事を行ってくれるのはもちろん、適正価格であるかどうかもチェックしておきましょう。

契約する前には口コミを調べ、価格や工事内容に問題がないか調べておくことが大切です。

まとめ

アスファルトや砂利などのほかの手段と比較した場合、コンクリートで庭を造るメリットはたくさんあります。

維持費やメンテナンスのしやすさなどを考えた場合、コンクリートのほうがコストは安いといえるでしょう。

工事を業者に依頼するのであれば、適正価格で丁寧な施工を行ってくれる業者と契約して、後悔のない庭造りを実現しましょう。

 

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル