駐車場をコンクリートにしたい!工事をするメリットや注意点とは

車を持っている人であれば、一度は駐車場コンクリートの外構工事を考えた人も多いのではないでしょうか。

また、駐車場がコンクリートであれば、雨の日も車や靴が汚れる心配はなく快適に過ごせます。

耐久性が高いため、長く使えるといった特徴もあります。この記事では、駐車場をコンクリートにするメリットや注意点について紹介します。

そこでこれを学ぶことにより、より有意義な外構計画が立てられます。

1.外構工事において駐車場の舗装の選択肢は?

駐車場の塗装には、アスファルトやコンクリートなど種類はさまざまあります。

ただ、駐車場舗装を考える際は、雨水がたまらないように排水を考えたり、車の重みに耐えたりする駐車場に舗装しなければいけません。

この項では、外構工事において駐車場舗装の選択肢を紹介します。

1-1.駐車場をコンクリート舗装にする

※ここにコンクリートがどんなものかわかるよう写真を入れる

砂や水、セメント、砂利などを凝固させたものをコンクリートといいます。

住宅の駐車場舗装では、コンクリートを使うのが一般的です。

ただ、コンクリートは頑丈で耐久性が高いものの、ひび割れが起こる場合もあるため、施工の際はワイヤーメッシュや鉄筋を一定の距離に配置して、ひび割れに対応する事が重要不可欠です。

また、雨水や洗車する場合の水はけを排水するために、舗装では水たまりを作らないよう勾配をつける施工をするなど、いろいろ工夫されています。

コンクリートの駐車場がメンテナンスフリーなところも人気の一つと言えます。

駐車場を設ける環境や場所にも異なりますが、駐車場1台分の相場は¥190.000円~¥230.000円が平均といったところでしょう。

1-2.駐車場をアスファルト舗装にする

※ここにアスファルトがどんなものかわかるような写真を入れる


アスファルトは原油を材料に作られており、正式にはアスファルト合材と呼ばれています。

施工にかかる時間を短縮でき、費用も抑えられるため、広い駐車場の舗装に最適です。

また、アスファルトは、コンクリートに比べて排水性が良く、静音性があるのも大きな特徴になります。

通常アスファルトは常温になると固まり、高温だと液状になる性質を持っています。

そのため、舗装する際は、高温のアスファルトを運び入れる必要があるため、匂いなどが発生し一般住宅の駐車場には不向きな面があるのです。

それに加え、コンクリートよりも耐久年数が低く、平均的な寿命は10年程度と言われています。

しかし、コンクリート舗装よりも工事費用を抑えることがメリットと言えます。

駐車場を設ける環境や場所にも異なりますが、アスファルト駐車場工事費1台分の相場は¥120.000円~¥140.000円が平均といったところでしょう。

2.コンクリートの駐車場は耐久性が高い

駐車場の劣化は、直射日光や同じ場所に荷重がかかってひび割れしたり、勾配が足りない場合は水たまりになってカビを発生させたりなどが原因になることが多いです。

コンクリートは耐久性が非常に高く、ワイヤーメッシュや鉄筋を施してひび割れ防止にも対応しています。

劣化しないということはありませんが、メンテナンスを頻繁にする必要はなく、長期間維持することが可能です。

そのため、維持費用を抑えたいと考える人は、コンクリート舗装が向いているといえるでしょう。

ただ、ここでの注意点は、駐車場工事を適正な工事方法で行っているかが重要になってきます。

施工業者に手抜き工事を行われては、ひび割れや陥没などが発生します。

きちんとした施工業者に工事を依頼してください。

3.夏でも表面の温度が上昇しにくい:コンクリート駐車場

アスファルトは、気温の高い時期になると地面が高温になります。

色が黒っぽいのが熱を吸収しやすく、材料に油が使用されてるので、温度が下がりづらい原因と言われています。

子どもがいる家庭であれば、素肌で駐車場に出て足の裏を火傷する危険もあるかもしれません。

犬を飼っている人は、散歩で外に出る際に火傷させてしまったという事態が起こる場合もあります。

一方、コンクリートはアスファルトと比べると夏の暑さに強いです。そのため、アスファルトを触って軽い火傷をしてしまうなどといったことも未然に防ぐことができます。

4.駐車場をコンクリートにする際の施工手順は?

最初に、水平や高さの確認の際に使用する機械のオートレベルを用いて、駐車場の高さと勾配を決めます。

勾配とは、雨水を排出するための傾斜のことです。この作業を十分にすることにより、駐車場に水が溜まりにくくなり、転倒などの危険を防ぐことができます。

次に、重機で土を掘削します。

掘削は、土を取り除く作業のことです。駐車場の部分に採石とコンクリートを流さなければいけないため、その分の土を取り除く必要があります。

土を取り除けたら、土の上に砕石を敷いてコンクリートを敷く前の下地を固めていきます。

この作業を怠ると、ひび割れや陥没になる原因にもなるのでしっかり行わなければいけません。

下地が固まったら、ひび割れ防止の伸縮目地の設置を行います。

伸縮目地にはコンクリートが熱膨張したり、地震が発生したりした際のひび割れ防止の役目があります。

コンクリートは硬い性質を持っていますが、硬いがゆえに少しの影響で割れてしまう恐れがあるのです。

また、駐車場は車の出し入れで大きな負担がかかるため、ワイヤーメッシュを入れて強度を増していきます。

ここで本格的な作業に入る前に、周辺を汚さないようにビニールシートなどを設置します。どんなに気をつけていても、液状のコンクリートが飛び散ってしまいがちです。

掃除をしても落ちきらないことがほとんどなので、養生は必要不可欠だといえます。

最後に、コンクリートを流し込み成形します。

※編集中

 

 

 

 

 

 

 

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル