外構工事駐車場コンクリートの賢い費用の節約方法とは?値段を安く抑える工夫を公開

駐車場3

現在、自動車の重要は、1世帯に1台が主流となっています。車を持っている方からすれば、駐車場は確実に確保しておきたいところですよね。

それにともない、外構工事においても、当たり前のように駐車場が設置されています。

1台駐車場は、もちろんのこと、2台分の駐車場も増えてきています。

ただ、駐車場コンクリート工事の費用は、外構工事全体の費用の4分1を納めると言っても過言ではありません。

そのため、「できる限り低価格におさえたい」と考えるのが本音でしょう。

実は、工夫や、賢いプラン作りをすることで、外構費用を安く行うことができます。

高額な駐車場工事の費用を抑えられなければ、差額の費用でカーポートやオーバーゲートを設けるなど、グレードアップした外構工事を設けることにも繋がります。

このページでは、適切な工事の元、駐車場工事の予算を安く抑えるコツを紹介します。

これを学ぶことにより、駐車場としての機能を失うことなく、外構工事の予算を抑えることができます。

外構工事で行われる駐車場の種類

ひとえに「駐車場」といっても、その種類は様々です。具体的には、以下のような種類があります。

駐車場の種類 特徴や注意点
芝生 見た目がきれいで安価だが、自動車が乗る場合タイヤの跡がついたりハンドル操作をすると土がむき出しになって泥だらけになる。自宅ばかりか道路も汚してご近所トラブルのもとになる可能性もある。
砂利 芝生同様安価だが、自動車が乗る場合タイヤの跡がついたりハンドル操作をすると土がむき出しになって泥だらけになる。
アスファルト 手入れがしやすく頑丈だが、一般住宅だと無機質な印象になる。また、エクステリア業者はアスファルト工事ができない会社が多く、舗装屋に依頼することになると中間マージンが発生して少量のアスファルトだと割高になる傾向が強い。
何もしない(地面むき出し) 見栄えが悪いのはもちろん、自宅や車、道路を汚してしまうので避けたい。
コンクリート 手入れがしやすく、デザインの柔軟性もある。それでいて強度もあるので駐車場に一番人気でオススメ

今回は、外構工事における駐車場工事で最も人気のあるコンクリート工事に焦点を当てて深堀していきましょう。

同じコンクリート工事であっても、施工費用を大幅に安くすることができますので、ぜひ参考にしてください。

1.駐車場工事の費用を節約する(駐車場工事の予算)

外構工事を行う際の、駐車場コンクリートの費用を抑える方法を公開します。

それに加えて、駐車場を全面コンクリートにした場合の費用の相場も解説していきます。

一般的な全面コンクリートの工事費用を理解していないと、節約できているのかの判断が出来ないからです。

1-1.一般的な駐車場コンクリート費用の内訳

駐車場コンクリート

まず、作業項目と、その費用の相場を説明します。

費用の相場は、1m2(平米「へいべい):敷地の幅×奥行)の面積で、解説していきます。

  • スキ取り(敷地の余分な土を取り除くこと)=1m2あたり、¥4 0 0 円~¥5 0 0 円となります。
  • 残土処分(取り除いた土を処分する費用)=1m2あたり、¥1 . 8 0 0円です。
  • 土間コンクリート費用(砕石+ワイヤーメッシュ+コンクリート費用+施工費)=1m2あたり、¥ 6 . 5 0 0 円~¥ 8 . 0 0 0  円が相場となります。

これをもとに、1m2あたりの駐車場コンクリート工事の相場は,もろもろ含め約¥ 9 . 5 0 0 円が平均といったところでしょうか。

一般的な1台分の駐車場の面積は、17m2(平米)であるため、これを計算式に当てはめると、以下のようになります。

計算式:17m2 × ¥ 9 . 5 0 0 円=¥ 1 6 1 . 5 0 0

つまり、1台分の駐車場コンクリートの工事費用の相場は、¥ 1 6 1 . 5 0 0 円ということです。

もちろん、これはあくまでも概算であり、当てはめただけの数字です。正確な金額は、現場を見てお見積りをしなければ算出できません。

現場によって作業効率や、工事の内容が異なってくるからです。

そのため、正確な金額を知りたい場合、お近くの優良業者に現場を見てもらうようにしましょう。

1-2.低予算で駐車場コンクリートを設ける(安くする)方法

駐車場節約1駐車場節約2

駐車場を新設するにあたって、車を停める場所の全体(全面)に、コンクリートを流し込むのが一般的です。

それゆえ、1台駐車場の場合、安くとも18万円前後が相場になります。

しかし、予算を節約しつつ、機能的な駐車場の工事を行うことも可能です。

その工事方法とは、上記の写真のように、車のタイヤが乗る箇所のみ、コンクリートを施工する方法です。

つまり、車のタイヤが乗らない無駄な部分のコンクリートを施工しないので、予算の節約になります。

施工方法での工事価格は、施工場所の状況にもよっても異なりますが、10万円前後が相場と言えます。

ただ、この相場価格は、あくまでもコンクリート工事のみになります。

そのため、コンクリートを敷きならしていない箇所は、砂利を敷いたり、芝を貼ったり、何かしらの化粧の工事が必要です。

化粧の工事を行うにあたり、DIY(一般の方が何かを修繕したり、作成したりすること)によって、より一層の外構予算の節約ができます。

たとえば、庭の敷地が広くない場合に、全面コンクリートだと、何の飾り気もありません。

しかし、車がのる部分だけをコンクリートにすることで、少しでも、お洒落な外構ができます。

この工事のよくある弊社でのケースは、1台分の駐車場は、すでに全面コンクリートで工事が完了していました。

そして、2台目の車の駐車場を設けるために、弊社に工事のご依頼をしていただき作業を行うことになるケースが多いです。

このような工事の依頼をしてくださる、お客様の依頼の理由は、以下のような意見が多いです。

  • ご両親、友人の方が遊びに来たとき用の駐車スペース
  • 子供が大きくなり車を購入したため
  • 車をもう1台買う

車がのる箇所だけコンクリートにする工事であれば、駐車場を低価格で増設できるため、検討してみてはいかがでしょうか。

1-3.コンクリート平板を用いた駐車場

写真

コンクリート平板とは、上記の写真の建材のことを差します。

ここでも、車のタイヤの乗る部分にのみ、このコンクリート平板を敷いていく工事になります。

一般的な駐車場コンクリート工事は、コンクリートを流し込んで、職人が「鏝(こて)」と呼ばれる道具で平らに均して、成形します。

ところが、この平板を用いた駐車場工事の場合は、コンクリート平板を敷き詰めていく作業だけです。

工事期間が短縮されるため、人件費が削減され大幅な工事費用の節約になります。

しかし、この工事を行うにあたり、注意しなければならない事があります。

それは、きちんとした下地(平板を敷く下側の部分)工事をして、下地自体の強度を強化しなければなりません。

下地工事に不備があると、平板が動いたり、傾いたりします。

そのような事にならないように、下地工事の施工内容を含めた、施工業者との打ち合わせが絶対不可欠になります。

1-4.砕石の駐車場

大半の人は、駐車場工事を考えたときに、思い浮かぶのがコンクリートや、アスファルト舗装の工事だと思います。

この考えは、一般的で外構工事でも多く施工されているからでしょう。

そこで、一般的な考えを、逆手に取り、あえて砕石(さいせき:文字通り、砕いた石)のみを用いた駐車場工事を施工される方がいます。

しかし、砕石にも種類があり、一般住宅に「適した砕石」と、「適していない砕石」があります。

砕石

↑.上記の写真が、最も、駐車場に適している「C-30砕石」と呼ばれる砕石です。

 

2枚目の写真は、転圧機(てんあつき:振動して砕石を締め固める機械)です。

この砕石を敷き均し、転圧機で、しっかり転圧すると、かなりの強度がでます。

そのため、駐車場としての機能も充分に果たします。

それに加え、見た目も、青っぽいので綺麗です。

なによりも、工事費用が、コンクリート駐車場の3分の1程で施工できるのが魅力です。

一方、駐車場に適していない砕石が下記の写真の「RC40砕石」と呼ばれる砕石です。

saiseki

この砕石は、廃棄されたコンクリートを砕いて再生した建材で、砕いくことにより、粉塵やホコリが混ざっています。

そのため、風により、ホコリが舞うので、近隣とのトラブルになる可能性が高いです。

それに加え、転圧機を用いて施工しても、ある程度の強度しか出ません。

それゆえ、一般住宅の駐車場には適していないと言えます。

RC40砕石は、月極の駐車場や、コンクリート工事の下地として、主に使用されています。

もし、駐車場工事の費用を最小限に抑えるために砕石を採用する場合、「C-30砕石」を選ぶようにしましょう。

外構工事における駐車場コンクリートの適正な価格と施工内容

たとえ同等レベルの外構工事あっても、施工する業者によって見積もり金額が必ず異なります。

中には、圧倒的に安い金額を提出してくる業者もいますが、これには注意が必要です。

たとえば、契約後に着工となりますが、追加料金狙いの可能性があります。その際の料金は、かなり高価格のケースが多いです。このとき、契約をしたあとに、工事に手をつけているため、施主様に対して遠慮はありません。

また、工事金額が安すぎると、工事のスピードを早めなければ、採算が取れません。

ただ、悪徳業者は作業効率を上げるために、先に解説した工程を省いたり使用する材料の質を落としたりして利益を上げようとします。そのため、安く工事を依頼できたとしても、ひどい仕上がりになったり又、機能性などに悪影響を及ぼしたりする可能性が高くなるのです。

このような業者は数をこなして利益をだしているため、品質にはこだわらないのが特徴です。

一方、高価格過ぎても問題があります。

たとえば、実際にかかる工事代金が、100万円だとします。しかし、提出されたお見積書が150万円でそれで契約をした場合、差額の50万円多く支払っていることになります。

もし、適正価格で工事を行得た場合、差額の50万円で、カーポートやウッドデッキなど、理想に近づいた、外構工事ができるのではないでしょうか。

しかしながら、素人では安い高いの判断ができません。そこで、以下の記事では見積書で悪徳業者を判断できるように基準を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

土間コンクリート

外構工事における駐車場コンクリートの適正な価格と施工内容

2016年11月22日

庭から駐車場へのリフォームにかかる費用相場と注意点

2017年6月23日

まとめ.

駐車場3ひとえに駐車場工事費用の節約といっても、いろいろな施工方法があります。

ただし、費用の節約とは、その工事の内容が、きちんと機能していなければなりません。

使い勝手が悪く、機能が成されていなければ、だだの手抜き工事となります。

したがって、ただ単に、安さを求めてはいけません。

しかしながら、「低価格」を全面に出し、工事金額を安売りしている会社は品質を二の次に考えています。

たとえ安く工事ができたとしても、すぐに壊れたり使いづらかったりしては本末転倒であり、修復に余分な費用が発生して結果的に損をします。

このような事態に陥らないためにも、予算を明確して、その予算内で、最大限、何ができるのか、どうしたいのかを考えることが大切になります。

そのことを、ふまえた上で専門の外構業者に相談をするのも得策です。

ここで学んだことを参考にして、適正価格で適切な工事が成された、理想通りの外構工事を完成させてください。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル