玄関アプローチの外構工事の種類と値段:かかる費用はいくら?

アプローチ2

外構(庭)の玄関アプローチ工事(道路から玄関までの通路)をお行う際、どのようなデザインにするのか、悩む人が多いはずです。実際に、弊社(石川デザイン企画)に相談をしてきてくださるお客様は見栄えを気にしている方がほとんどです。

アプローチは建物を含めた、「家の顔」と言えるからです。そのため、出来栄え次第で、外構工事全体の完成度を左右すると言っても過言ではありません。

しかし、多くの方は購買経験が乏しいです。そのため、アプローチ工事のデザインの種類はもちろん、その工事にどの程度のお金が必要になるのかわからない人はたくさんいます。

工事費用の相場を知らないがために、施工業者から提出される見積金額が、適正かどうかの判断ができません。

そのため、施工業者への過剰なお支払いや、低価格すぎるための手抜き工事を防ぐことができないのが現実です。

そこでこのページでは、外構工事での代表的な、アプローチの種類と工事価格の相場を解説していきます。

これを学ぶことで、外構工事のプランの組み立てや、適正価格(相場)での予算組みができるようになります。

1.アプローチ工事の種類と相場(外構工事)

単にアプローチ工事といっても、種類や形は多種多様です。また、施工する場所やアプローチの距離や、高低差を含め、同形の工事は無いと言っても過言ではありません。

電化製品のように考えることはできないため、一人一人の要望を聞いたり、現場を見たりして提案をしていく必要があります。

例えば、人の顔や指紋が、人それぞれ異なるのと同じ考えです。それほど種類があるため、すべてご紹介することはできません。

そこでこの項、代表的な4種類を紹介していきます。

1-1.アプローチ工事(タイル)

アプローチ画像3

アプローチの主流と言えるのが、タイルを用いて施工するアプローチ工事です。タイルの種類もかなり豊富にあるのが特徴です。

実は、外構業者に相談すれば、色見本やサンプルの取り寄せなども安易にできます。

実物を見てタイルの種類やデザインを決められるため、あまり迷わずに、好みのタイルを選ぶ事ができます。

また、工事の相場価格も比較的、低価格で行えます。そのため、アプローチ工事の中でも、人気です。

具体的な工事の相場は、使用するタイルにより変動しますが、1m2(平米:縦×横の面積)あたり¥12.000円~¥15.000円が目安となります。

1-2.アプローチ工事(インターロッキング)

インターロッキング玄関

インターロッキングとは、上記写真のように、ブロックを互い違いに組み合わせたもののことを指します。

インターロッキング工事であれば、アプローチに高級感を出しつつ、お洒落に演出する事ができます。また、色の種類も豊富なため、色々な組み合わせが可能で遊び心も交えて施工すると面白いです。

ただ、デメリットとして、下地工事を適切に施工しなければ、2年~3年でインターロッキングが、ガタついたり、陥没したりします。そのため、下地作りが命といっても過言ではありません。

それゆえ、施工業者との綿密な打ち合わせが必要不可欠となります。なぜなら、施工業者によって下地作りの作業工程が異なるため、下地工事の強度や施工内容を明確にする必要があります。

工事の相場価格は、1m2(平米:縦×横の面積)あたり¥9.000円~13.000円が目安となります。

1-3.アプローチ工事(樹脂舗装:じゅしほそう)

樹脂舗装 (2)

樹脂舗装とは、天然石に樹脂を絡ませ舗装する技法です。和風、洋風問わず、違和感のない施工が可能です。

また、天然石の種類も豊富なため、様々なデザインにも適しています。そのため、アプローチを綺麗に演出してくれます。

ただ、車両が乗る箇所には適してないので注意が必要です。もし、車が乗ってしまうと、天然石が取れたり割れたりする可能性があります。このような事態に陥らないために、用途に合わせて設計するために、綿密に施工業者と打ち合わせをしましょう。

工事の相場価格は、1m2(平米:縦×横の面積)あたり¥13.000円~¥17.000円となります。

1-4.アプローチ工事(飛び石)

平板アプローチ

飛び石とは、人が歩く箇所に平板などを引き詰める施工方法を指します。アプローチ工事の中でも、圧倒的に価格帯が安く、あまり敷地の広くないアプローチ工事に適しています。

敷石(縦30cm横60cm)の場合で、1枚あたりの設置工事を含めた価格相場は¥3.000円~¥4.000円です。

ただし、ご自身での敷石の使用枚数の確認が必要となります。

上記の写真を参考にすると、敷石周りに砂利敷を含めた場合、価格相場は¥100.000円~¥130.000円が一般的でしょう。もちろん、この相場は工事面積によってことなります。

正確なお見積りを作成するためには、やはり施工業者との綿密な打ち合わせが必要不可欠となります。実際に現場を見てもらったうえで見積もりと提案をしてもらうことで、誤差のない見積もりを作成できます。

まとめ

商談

いかかでしたでしょうか。

ひとえにアプローチといっても、いろいろな施工方法があり、見た目や質感なども異なるうえ、施工価格にも大きな違いがあることをご理解いただけたはずです。

一番大切なことは、ご予算内で最大限の理想のアプローチ工事を行うことにあります。もちろん、適正価格でなければなりません。

それには、施主の立場になり、熱心に相談にのってくれる施工業者に工事を頼むのが理想です。

しかしながら、すべての業者が優良業者とは限りません。

お客様が素人であることをいいことに、安く工事を請け負い、実際は手抜き工事をして利益を出している会社が多い事実があるからです。

また、すべて業者任せでは、品質の良い外構工事は望めません。そこで、あなた自身が少しでも外構工事の知識を養うことにより、施工業者は手抜き工事などが出来なくなるうえ、適正価格での工事が可能となります。

当サイトには外構工事に役立つ情報を無料で公開しているため、ぜひ、お役立ててください。

そして、理想に近い、素敵な外構工事を実現に繋がれば幸いです。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル