外構工事のフェンスの種類と工事費用の求め方:見積もり方法を公開

ハイタイプフェンス (2)

外構工事を行う際に、プライバシーの保守や防犯対策、外構工事全体のデザイン面でも、フェンスは欠かせない工事といえます。

まず、気になるところは「価格の相場」です。

ただ、購買経験が乏しいため、施工業者から提出された見積金額が安いのか、高いのか判断できないはずです。工事価格が、過剰に高くても困りますし、逆に安すぎても手抜き工事をされてしまいます。

しかし、外構工事のフェンスは、種類が非常に多く、製品によって、大きく役割が異なり、価格帯にも差があります。具体的には、「仕切りとして」使う場合や「目隠しとして」設けるのでは、材料費や施工費が大きく変動するということです。

そのため、単に「価格の相場」といっても、簡単にはみちびき出せません。

そこで、このページでは、外構工事でのフェンスの種類や工事価格の相場、見積もり方法を紹介していきます。

これを学ぶことにより、あなたの理想に近づいた外構工事の予算組に役立てて頂けたら幸いです。

フェンスの選び方をより詳しく知りたい方は、以下のページで詳しく解説しています。

木調色フェンス

フェンスの種類と選び方:費用とメリットを解説!

2019年8月2日

1.フェンスの役割

フェンスの設置を検討する前に、フェンスにどのような役割があるのかということを押さえておきましょう。

まず、フェンスを設置する上で一番に注意することは、フェンスは高い場所などに人の転落を防ぐために設置してはいけません。

なぜなら、フェンスは転落防止を防ぐための製品では無いからです。

外構業者も含め、フェンスを転落防止のために設置してよいと勘違いしているのが、そもそもの間違いです。

フェンスは境界ラインを提示したり、プライバシー保護のために使用するのが主な用途です。

したがって、強い衝撃によりフェンスのパネルが外れたり、柱が簡単に折れたりします。

これは非常に危険で人災に繋がりかねません。

フェンスのアルミメーカーのカタログに『本製品は、隣地や境界を目的に設置するものです。手すりや転落防止柵などとして使用しないでください』と記載があります。

写真準備中

そもそも、高い場所や危険な場所の転落を防ぐために最も適しているのは転落防止柵になります。

転落防止柵の柱やパネルは、フェンスとは比べ物にならないほど、太く頑丈にできている為、人の転落を防ぐのに適しています。

転落防止柵写真準備中

これらを理解した上で、話を進めていきます。

上記にも記載しましたが、家の周りを囲うフェンスには、隣家との境界線をはっきりさせる役割があります。

自宅と隣家を明確に区切ることになるため、トラブルを防ぐために工事実施を事前に周知しておくことが大切です。

次に、通りかかる人や近隣住民の視線を遮ってプライバシーを守ることもフェンスの役割の1つです。

家を建てた後、実際に住んでみたら外部の視線が気になるというのはよくあるケースです。

新たにフェンスを設けることで、通行人や近隣住民の視線を遮り、のびのびと暮らせるようになるでしょう。

最後に、フェンスを設置することで家の外観も自由に変えられます。

2.フェンスを選ぶ時のポイント

フェンスは家の外観の一部です。そのため、家の雰囲気を壊さないように、フェンスの素材やデザインに配慮することも重要です。

ここからは、フェンスを選ぶときのポイントとして、素材とデザインについて詳しく解説します。

2-1.素材

フェンスに使われる代表的な素材としては、鉄やアルミ、樹脂、木材などが挙げられます。

鉄は格子状のメッシュフェンスで使われる素材です。風通しがよく、どのようなデザインの家にも合うのが特徴ですが、目隠し用としては使えません。

アルミはフェンスの主流となっている素材で、メンテナンスの手間がかからないのが魅力です。また、デザインの幅が広いことも人気の理由となっています。

樹脂素材を使ったフェンスの特徴は、気軽に木材や竹のような雰囲気を演出できることです。自然の緑との相性が良いため、ガーデニングに力を入れている人は樹脂素材のフェンスを検討してみるとよいでしょう。

木材のフェンスについても同様で、カントリー調のデザインを目指すときにおすすめの素材です。ただし、雨で腐食するなど、木材はメンテナンスに手間がかかるので注意が必要です。

2-2.デザイン

フェンスはデザインによっても印象が変わります。

鉄やアルミのフェンスは主に直線で構成されており、大きく縦向きと横向きに分けられます。

一般的に、縦向きは和風で横向きは洋風だといわれているため、家のテイストに合わせてフェンスの向きを考慮するとよいでしょう。

縦向きのフェンスを茶色に塗れば、和風の雰囲気をより強調できます。モダンな建築に合わせるときは、横向きでシルバーのフェンスが基本となります。

3.フェンスを設置するときの注意点

フェンスの設置で失敗しないためには、気を付けるべきポイントも押さえておくことが大切です。

ここでは、フェンスを設置するときの注意点を2つ紹介します。

3-1.圧迫感に注意する

設置するフェンスの素材や色によっては、圧迫感が出る場合があります。

重厚感のある素材や、暗い色をフェンスに使うときは、必要以上に圧迫感がないかどうかを確かめておきましょう。

ベージュや白などの淡い色を選ぶことで、フェンスの圧迫感は抑えられます。

散歩中などに雰囲気の良いフェンスが見つかったら、参考にしてみるとよいでしょう。

3-2.採光や風通しに配慮する

目隠しの目的でフェンスを設置する場合、どうしても必要以上に高いものを設けがちです。

しかし、背の高すぎるフェンスを設置すると、採光や風通しの良さが失われる場合があります。

採光性や通気性が悪くなれば、外壁に生えるカビなどの原因となり、家自体の寿命も縮みかねません。

そのため、なるべく太陽光を遮らない形のフェンスを選ぶのが賢明です。また、素材も通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

4.外構工事のフェンスの種類と工事費用の相場

外構工事のフェンスには、プライバシーを守るための物や低価格で工事が出来るものなど、多種多様です。

この項では、一般的によく施工されている代表的な4種類のフェンスと、その工事価格の相場を解説していきます。

また、工事価格の相場を分かりやすくするために、フェンスの高さをスタンダードな80cm(センチ)に設定し、施工距離1m(メートル)単位で紹介していきます。

これにより、現在フェンス工事を検討されている方は、フェンスの施工場所の距離を測ることで、簡単におおよその工事価格が算出できます。

※コンクリートブロックの上にフェンスを施工したと仮定し解説。

4-1.メッシュフェンスの費用の相場

メッシュフェンス

出典:三協立山株式会社

メッシュフェンスとは、上記写真のような製品のことをいいます。メッシュフェンスは、フェンスの中でも、圧倒的に安い価格で施工できるフェンスです。

主に、防犯対策や隣地との境にも活用できます。また、開放感があるため、狭い敷地の場合には、窮屈感(きゅうくつかん)を和らげることができます。

ただ、予算が取れない時には最適ですが、デザイン面や高級感などを表現できないのが難点です。この場合、目につく場所と見えない部分でフェンスの種類を使い分けることをおススメします。

たとえば、建物の正面には、お洒落で高級感のあるフェンスを施工したとします。その一方で、建物の裏側などのあまり人の目に止まらない場所に防犯用として、メッシュフェンスを施工するのも賢いプラン作りです。

また、メッシュフェンスの材料の価格は、格メーカーにより多少の落差があります。とはいえ、どのメーカーの価格も、どんぐりの背比べと考えてください。

メッシュフェンスの材料を含む工事価格の相場 = 施工距離1mあたり¥3.800円~¥4.800円(フェンス高さ80cmの場合で、施工されるフェンスによる価格差です)が一般的です。

4-2.格子のアルミフェンスの費用の相場

縦格子フェンス

出典:三協立山株式会社

このタイプのフェンスは、アルミのフェンスの中でも比較的、安く施工できるフェンスです。

メッシュフェンス同様、防犯対策や隣地との境にも活用でき、開放感もあります。

格子アルミフェンスの材料費を含む工事価格の相場 = 施工距離1mあたり約¥7.600円~¥9.700円(フェンス高さ80cmの場合で、施工されるフェンスによっての価格差です)が一般的です。

4-3.目隠しタイプのアルミフェンスの相場

出典:三協立山株式会社

このタイプのフェンスは、アルミフェンスの中でも、最も種類が多く、価格も比較的安い物もあれば、圧倒的に高価な物まであります。また、色によっても、値段に大きな差があり、木調の色のフェンスの方がアルミ色のフェンスよりも高価になります。

プライバシーの保守や、デザインの種類も豊富で、お洒落な外構工事を行うには、欠かせないフェンスと言えます。

目隠しアルミフェンスの材料費を含む工事価格の相場 = 施工距離1mあたり約¥12.500円~¥27.000円(フェンス高さ80cmの場合で、施工されるフェンスによる価格差です)と考えてください。

次に、暖か味があり、高級感のある木調色のフェンスです。

木目調フェンス出典:三協立山株式会社

木調色の目隠しフェンスの材料費を含む工事価格の相場 = 施工距離1mあたり約¥15.000円~¥30.000円(フェンス高さ80cmの場合で、施工されるフェンスによる価格差です)が相場といったところです。

4-4.鋳物フェンスの相場

鋳物フェンス出典:三協立山株式会社

他のアルミフェンスとは異なり、鋳物(いもの)は金型にアルミニウムを流し込んで製造しています。

そのため、フェンスの中まで、ぎっしりアルミニウムが入っているため、重量感や風合いのある美しいデザイン重視のフェンスです。

鋳物フェンスの高さは、一般的に60cm(センチ)が多いため、その高さを考慮して外構のプランを立ててください。

鋳物フェンスの材料費を含む工事価格の相場 = 施工距離1mあたり約¥20.000円~¥27.000円(フェンス高さ60cm場合で、施工されるフェンスによる価格差です)が相場です。

4-5.フェンス工事における基礎工事の相場

フェンス基礎

外構工事でフェンスを設ける際、ブロックの上にフェンスを施工するケースが一般的です。

しかし、高さが120cm以上のフェンスを施工する場合や、ブロック塀が無い場所への施工には、フェンスの基礎工事を行う必要があります。

フェンスの基礎工事とは、フェンスの柱を設置する箇所の土を取り除き、その箇所にコンクリートを流し込んでフェンスの柱を固定します。

これは、フェンスの柱1本につき1カ所、必要となります。

フェンスのコンクリート基礎の相場 = 1カ所あたり¥4.500円~¥5.000円が相場です。

5.外構工事のフェンスの見積もり方法

外構工事でフェンスを設ける際に、施工業者への見積もりを依頼するはずです。

しかし、現在の建築業界は、価格競争が激しいです。それゆえ、ありえないほどの安い価格で工事を請け負い、利益を上げるために、手抜き工事を行う悪徳業者も多く存在しています。

だからといって、工事価格が高すぎても問題があります。

たとえば、中古車を購入する際、あなたは購入したい車の相場を調べます。

もし、その購入したい車が、相場よりも激安だった場合に、「事故車かもしれない」などと、色々な不安要素を考えるはずです。

外構工事も、同じであるため、ある程度の相場を調べる必要があります。

あなた自身が、フェンス工事の適正な見積もり方法を学ぶことにより、施工業者への過剰なお支払いや、低価格重視の手抜き工事を防ぐことができます。

5-1.フェンスの部材の拾い出し方

まず、施工するフェンス自体の部材を拾い出します。

一般的に、よく施工されているフェンスになりますが、フェンス本体の1枚の長さ(距離)は、2mが主流です。

つまり、フェンス本体を一枚購入することで、2m分の距離のフェンス工事を、まかなう事ができます。(※柱も必要です。)

フェンス1枚2m

しかしながら、一般の人では、頻繁にフェンスに触れる機会がないため、イメージしづらいと思います。

そこでこの項では、図を用いてフェンスの部材の拾い出し方と手順を解説していきます。

まず、敷地内で、フェンスを施工する箇所の距離を、測ります。具体的には、下の写真のスケールなどを使用して測っていきます。

写真

このとき、なるべく2人で、作業をするほうが効率的だからです。

つぎに、下の図のようにメモを取るようにします。

フェンス距離拾い出し例このように、1辺が4mで、2辺目が2mとします。計算式は「4 m + 2 = 6 という具合です。出来るだけ解るやすくメモを取ります。

次に、測り出しを元に、フェンスの部材を拾っていきます。

フェンス部材拾い出し例2

上の図を参考にして拾い出していきます。

横の1辺が4mなので、フェンス本体が、2枚必要になります。さらに、縦の1辺が、2mなので、フェンス本体が1枚必要になり、フェンス本体の必要枚数が、合計で3枚になります。

次に、柱の数量を拾っていきましょう。

基本は、フェンス一枚に対して、柱が1本必要と考えてください。ただし、フェンス工事の1辺に対して、柱を1本追加しなければなりません。

たとえば、上の図を参考にみていきます。フェンス本体が、3枚必要なので、柱も3本必要ですが、縦横2辺なので、もう2本プラスして、5本になると言った具合です。

計算式:フェンス本体合計枚数3 + 辺の数2 = 5本(フェンスの柱)

次に、コーナー材を拾い出します。コーナー材とは文字通り、角部分に使用する部材です。コーナー1カ所に対して、1個を使用します。

最後に、キャップ材を拾い出します。キャップ材は、フェンスの端部(エンド)に使用する部材です。

フェンスの端部(エンド)1カ所にキャップ材を、2個使用します。キャップ材は4個で1組が主流になりますが、まれにフェンスの種類によって異なる場合があるので、カタログなどでの入数の確認をしてください。

5-2.フェンス工事の見積もり方法

まず、使用されるフェンスの部材を拾い出します。

今回は「2-1.フェンスの部材の拾い出し方」を例に挙げて解説します。

次に、カタログなどを参照しながら、拾い出した部材の合計定価を算出していきます。

フェンス部材の合計定価

この例では、合計定価が、108.000円になりました。

ただし、これはあくまで定価であり、相場では、定価の8掛け(80パーセント)から、7掛け(70パーセント)になります。

たとえば、8掛け(80%)の場合の計算式は以下の通りです。

合計定価:「108.000円 × 0.8 = 86.400円」といった具合です。これで、フェンスの部材購入金額が86.400円と理解できたはずです。

次に、フェンスの施工の工事金額を求めていきます。

フェンスの施工価格は、距離単価が一般的ですが、フェンスの種類によって異なります。

目安として、高さ80cmのフェンス場合、距離1mあたり1.500円~2.000円が、相場になります。たとえば、施工単価1mあたり1.500円で、フェンス施工距離が、6mあると以下のような計算式になります。

1.500円 × 6m = 9.000円施工価格)

ここで、今までの、参考例を元にまとめていきます。

部材定価合計¥10.8000円で施工距離6mの場合

部材の金額

部材定価108.000円 × 8掛け(80%) = 86.400円

施工価格

施工価格、距離1mあたり1.500円 × 6m = 9.000円

合計金額

86.400円 + 9.000円 = 95.400円になります。

これに加え、消費税も忘れずに計算しましょう。

6.フェンスを安く設置する方法

フェンスをなるべく安く設置したいのであれば、コストを抑える方法を押さえておきましょう。

フェンスを安く設置する方法としては、DIYで設置する、フェンスのみ自分で用意する、中間マージンのかからない業者を選ぶという3通りの方法があります。

ここからは、それぞれの方法について解説します。

6-1.DIYで設置する

まず、最もコストを抑えられるのがDIYでフェンスを設置する方法です。

DIYでフェンスの購入や工事などの作業をすべて自分でやれば、業者に依頼する人件費などは当然かかりません。

フェンスを自力で設置できる自信がある人は、DIYに挑戦してみるのもよいです。

ただし、フェンスのDIYでは大きな労力や時間を費やすことになります。

経験のない人がむやみに挑戦すると、結果的に大きなコストにつながる恐れもあるので注意が必要です。

また、失敗したときのリスクについても知っておく必要があります。

設置に失敗したフェンスを撤去し、あらためて業者に依頼することになるため、かえって大きなコストがかかります。

フェンスのDIYでは、作業の労力や失敗したときに生じる責任を覚悟しておかなくてはなりません。

6-2.フェンスのみ自分で用意する

次に、安いフェンスを自前で用意すれば、工事の費用が安くなる場合があります。

ただし、フェンスとセットでなければ業者が工事を引き受けてくれないこともあるので注意しましょう。

また、後日フェンスに問題が起こったとき、修理を引き受けてもらえない可能性もあります。

6-3.仲介マージンのかからない業者を選ぶ

大手のリフォーム会社にフェンスの設置を依頼すると、結局地元の下請業者が作業を担うことになります。

仲介マージンが発生して料金が割高になるため、最初から仲介マージンのかからない業者に依頼するのがおすすめです。

7.フェンス工事を依頼する業者の選び方

フェンスをDIYで設置したり、自前のフェンスを用意したりする方法にはリスクがあります。

フェンスの工事は業者に依頼するのが賢明ですが、それでは何を基準として業者を選べばよいのでしょうか。

ここからは、フェンスの工事を依頼する業者を選ぶときのポイントを2つ紹介します。

7-1.専門業者に依頼する

フェンスの工事は、外構工事の専門業者に直接依頼するのがおすすめです。

先述のとおり、大手のリフォーム会社に依頼すると仲介マージンが発生するため、料金が割高になります。

一方、実績が豊富な地域の専門業者に直接依頼すれば、仲介マージンはかかりません。

良心的な価格で質の高い工事をしてほしいのであれば、自宅のエリアに対応している外構工事の専門業者を探してみましょう。

7-2.相見積もりを依頼する

業者を選ぶ際は、相見積もりを利用するのも効果的な方法です。同じ工事の条件で、複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。

見積もりの価格と内容を比較することで、自分に合った業者が見極めやすくなるはずです。

まとめ

ここまで、フェンスの役割や種類、また施工価格の相場を解説してきました。

平均的に、外構工事費全体の約25パーセントが、フェンス工事費といっても過言ではありません。それゆえ、適正な価格を理解して、施工業者への過剰なお支払いや、低価格重視の欠陥工事を防ぐ事が重要になります。

ここで紹介したことを参考にしていただき、品質が良く、理想通りの外構工事を完成させてください。

筆者:外構工事職人歴20年 石川公宣

株式会社石川デザイン企画
4.9
Based on 53 reviews
powered by Google
佐藤祥子
佐藤祥子
06:36 27 Sep 21
目隠しフェンスとウッドデッキの設置をお願いしました。最初に石川さんが家の状態を見に来てくださり、車の出し入れ等、生活に不便が出ないかしっかり一緒に見てくださいました。素人の私のどんな小さな質問にも真摯に答えてくださり、とても好印象でした... 。デッキの色に迷ったり、こちらの都合で何度か足を運んで下さいましたが、いつも丁寧に対応して頂きとても感謝しています。設置工事は3日間ほどで終わり、職人さん方も感じの良い方達で、仕上がりも家族みんなで大満足しています。また別の工事もぜひ石川さんの所でお願いしたいと思っています。近隣にお住まいの方にはぜひオススメしたいです(^^)ちなみに私が問い合わせた時は、ホームページのメールの調子が悪いと仰っていたので、直接お電話される方がおすすめです(^^)ありがとうございました、また今後ともよろしくお願い致します。read more
iarom iarom
iarom iarom
11:38 21 Aug 21
【目隠しフェンス】5社見積した結果、こちらにお願いしました。ハウスメーカー、ホームセンター2社、グーグルマップ2社(1社はこちら)〈理由〉あまりお金にならないのか、他会社は大変不誠実でした。(見積来ない、希望のフェンスと違う、... 希望してないフェンスでなおかつ金額が明らかに高い、設置場所の写真を取るだけで説明がない等)もう止めようかなと思ってました石川さんは、それらすべてを解消してくれました。専門的な説明も分かりやすく伝えてくださり、希望も聞いてくれて、それに合う見積を出していただきました。金額の出し方まで教えてくださりました😭お願いしてから工事日程も早く、工事は丁寧で1日で終わりました。大満足ですフェンスどこでやるか迷われてる方、オススメします💡read more
Y Flower
Y Flower
01:57 13 Aug 21
新築戸建の外構工事全般をお任せしました。適宜、確認や相談が双方向で行われ、納得するまでお付き合いくださりました。皆で一緒に作り上げるという感じです。信頼と安心をいただきました。職人さんの仕事ぶりは ”感動” します。社長の人柄には... "笑顔" が出ます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。read more
Rio West
Rio West
14:17 27 Jul 21
庭の拡張工事(法面を擁壁に改造)と石張りテラスの設置を依頼店社さん選定にあたっては①強度的に信頼できる工法で施工してくれる②自分の希望(設計原案)を十分に実現してくれる条件で数社さんを当たり、石川さんにお願いすることにしました。... 見積表記より、他社さんに比べて材料をへんにケチっていないことも決め手になりました。工事の中身を詰めるに当たって、当初予定のものよりもいいものが見つかると知らせていただき変更いただくなど、良心的に対応いただきました。施工に関しては若い職人さんが毎日朝早くから時には夜まで丁寧に施工していただきました。石川さん自身も要所要所でアドバイスいただき、また自ら手を出し、結果的に細かい部分で出来栄えの良い仕上がりしていただけたと思います。工事が完成し、狭い土地の古い土が、広くて新しい黒土に入れ替わり、テラス付きの希望通りの庭ができて満足しています。どうもありがとうございました。read more
菅野亜矢
菅野亜矢
22:05 01 Jul 21
門扉の工事でお世話になりました。電話で相談した時から感じの良い方だなと思っており、他の業者にも見積もりをお願いするつもりでしたが、即決で石川さんにお願いしました。結果、とても満足できる門扉となりました。小さな事でも親身になって考えて... 下さり、石川さんにお願いして本当に良かったと思っております。また何かあった際には次も石川さんにお願いするつもりです。本当に良い業者さんだと思います。read more
Michie Ezawa
Michie Ezawa
04:37 07 May 21
フェンス工事をお願いしました。社長の石川さんは、見積もりの時も誠実で、具体的な金額から施工方法まで詳しくお話して下さりました。工事当日初日は一日中雨の降る日でしたが、若い職人さんが都度細かく、慎重に確認をしながら作業していました。... 社長さんにも都度確認しながらだったようなので、安心できました。とても感じの良い、さわやかな礼儀正しい職人さん達で驚きました。完成したフェンス、とても気に入っています。念願が叶いました、ありがとうございました。また何かあればよろしくお願いします。read more
村上美穂
村上美穂
08:03 01 May 21
3年ほど前に築年数の古い家に越してきました。その自宅周りの雑草が凄く管理が大変でご依頼させて頂きました。当初は全面コンクリートにしたく他会社と相見積して決める予定でした。そして社長様本人が見積もりにいらしてくれて現地を見てくれたのですが、... 配管の老朽化、伐採した木の根や費用面を考えるとコンクリートは辞めた方が良いかもと詳しい説明をしてくださいました。その丁寧な対応、家の状態を考えてくれるとこ、一番は社長様の人柄の良さがあり石川さんに任せる事に決めました。作業は他の職人さんがきてくれました。若い方のようでしたが途中経過を見せてくれたりちゃんとした説明、礼儀正しい対応でした。一日かからず完成してくれました。出来もびっくりするほど綺麗で頼んで良かったって思います。和気あいあいとしていて皆さん仲良さそうで雰囲気も素敵な会社でした。また何かあった時は石川さんに頼もうと思います。この度は本当にありがとうございました。read more
Mayumi Sato
Mayumi Sato
02:07 22 Apr 21
去年に花壇を撤去して駐輪場を作りたいという依頼をさせていただきました。忙しい時期で年始にまたご連絡いただけるという事を電話で話した社長が親切でいい感じの方だと思って、なんとなく気長に待ちました。そしてご連絡いただき、担当のKさんが現場を見... に来てくれました。花壇とその付近のご相談をさせていただきました。とても話しやすく親切で思った通りのご提案をいただいて、ついでにずっと気にはなっていた狭い庭も雑草がすぐ出てきてどうにか有効活用したいなぁというご相談をさせていただきました。子供もいるので人工芝にしたいなぁと相談しました。人工芝は相談しながらこちらで用意しました。そして今回自転車置き場がなく仕方なく花壇を撤去したのですが、もともとあった花壇のブロックを庭の方で使って小さな花壇を作るのはという提案をしていただき花壇作ってもらいました。嬉しかったです!何でもこちらの要望をしっかり聞いてくれようとしてくれる雰囲気でした。工事が始まるまで少し時間がかかりましたが、始まるとなると植木の撤去などなど結構大きくて根もはっているものもありましたが、KさんSっちの若手コンビでどんどん進めて下さり、自転車のフェンス、庭の工事合わせて3日間で仕上げてくれました。出来上がってご近所さんにみんなに声をかけていただきかっこよくなったねー。と言ってもらえました。庭の芝生評判いいです。休みになり子供たちも外でお弁当を食べたり、コロナ禍でも一つの楽しみになったかと思います。また屋根の塗装など外構をやる時期になったら石川デザインさんにご相談させていただこうと思います。ありがとうございました。read more
kawa moto
kawa moto
00:21 21 Apr 21
新築外構をお願いしました。最初に連絡したのは約二年前、当時購入した土地の造成工事でトラブルに見舞われた際に、藁にもすがる思いで口コミのよかった石川デザインさんに相談させて頂きました。突然の問い合わせにも関わらず、とても親身に話を聞いてく... ださりアドバイスを頂戴し、トラブルを乗り越える事ができました。当時の土地はキャンセルになってしまったものの、今後家を建てる機会があれば絶対に外構は石川さんにお願いしようと決めていました。その後、新たな土地を見つけハウスメーカーで家を建て、外構工事は石川さんにお願いしました。外構のデザインはほぼ決まっていたので、その中で石川さんのご経験上こうした方がいい、これはやめた方がいいなど明瞭なアドバイスを頂きスムーズに打ち合わせする事ができました。かなりシンプルな外構ですが、金額はハウスメーカー提示の金額から50万以上安くなりました。工事は、お二人の職人さんが来てくださり朝から夕方まで雨の日も暑い日も本当に丁寧にお仕事してくださりました。工事前だけではなく、始まってからも分からない事や不安な事があればいつでも聞いてくださいと何度かお声掛け頂き、大変安心しました。実際に質問した時にも、面倒な顔一つせず対応して頂きました。また見積もりの範囲を超える様な事にもきめ細やかに対応して頂きました。終始丁寧なお仕事ぶりとお人柄のよさ、仕上がりどれも大満足で感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!read more
Next Reviews

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル