境界にフェンスを立てるときにありがちなトラブルとは?対処法も説明!

家を新築するとき、外構にこだわる人は少なくないでしょう。また、外構も含めての家づくりが理想かもしれません。フェンスもその一つです。

ただし、家の境界にフェンスを立てるときは、隣家とのトラブルになる可能性もでてきます。

ご近所さんとは日常的に交流する機会が多いので、不要なトラブルは避けたいものです。

そのためにも、事前に必要な対象法を知っておきましょう。

1.家の境界にフェンスを設置する目的は?

初めての土地に家を建てるとき、外構が完成してようやく落ち着くのではないでしょうか。外構の一つにフェンスがあります。

こちらには、家の周りを囲むものとのイメージがありますが、どのような目的で設置されるのか。

まず、家の境界にフェンスを設置する目的を紹介していきます。

1-1.境界を明確にするため

まず、周辺との境界を明確にする目的が挙げられます。境界フェンスを設置することで、自宅と隣家や道路との境界をはっきりするために役立つからです。

境界を把握できるものとして、境界杭や境界標があります。しかし、それらがなくても、境界フェンスがあると一目瞭然です。どこからどこまでが自分の敷地なのか、第三者が見てわかることも大きなメリットだといえます。

境界があいまいだと、自分の敷地内に車や人が入ってくるかもしれません。それが一時的なものだとしても、あまり気持ちがよいものではないです。

しかし、フェンスを立てることで境界がはっきりするので、車などの侵入を防ぐことができます。また、人や動物などの侵入にともなう不快な思いの解消にもつながるでしょう。

もし、自分の敷地内を通り道として利用されている場合や、よその子どもが勝手に入って遊ぶ場合などは、思い切ってフェンスを立てるとよいでしょう。

1-2.外からの視線をさえぎるため

ブロック塀2自宅は家族で集う大切な場所であり、日頃の疲れを癒しリフレッシュできる場所でもあります。

明日への活力を養うためにも、家にいるときは他人の目を気にすることなく、のんびり過ごしたい人も少なくないです。

このようなとき、境界フェンスが役立ちます。フェンスは外からの視線をさえぎる役割も持っているからです。

特に、隣家との距離が近すぎる場合や、人通りの多い道路が目の前にある場合は、他人からの視線を感じやすくなります。

そのようなとき、境界フェンスが目隠しの役割を果たしてくれます。

目隠し目的でフェンスを立てるときは、1~1.8mくらいの高さを意識するとよいです。通常のフェンスよりも高めを意識することで目隠しになり、プライベートな空間確保にもつながります。

人目が気にならないので、家族の趣味などを満喫できます。もちろん、自分の子どもやペットを庭で遊ばせても安心です。また、フェンスのデザインや隙間を意識することで、圧迫感の軽減にも役立ちます。

もちろん、デザインなどによっては、外からの視線を完全にさえぎれるとは限りません。それでも、境界フェンスを立てることで、外から丸見え状態の回避には役立ちます。

1-3.おしゃれに見せるため

家を囲むフェンスは、家の印象を決める大事な部分です。外構のなかでも目につきやすいため、道案内のときに使われることも少なくありません。

案内を受けたほうも、フェンスを目印にすると目的地にたどり着きやすくなります。特に、おしゃれで個性的なフェンスは周辺からもよく目立ちます。

そのため、見た目を重視したデザインにこだわる人もいるかもしれません。

実際、フェンスにはいろいろなデザインがあります。そのため、プライバシー保護を意識しながらも、自分なりのこだわりを反映させたいものです。

落ち着いた木目調デザインを選ぶのも一案です。庭のなかに植えた樹木と組み合わせるのもよいです。種類の異なる格子を組み合わせたデザインもおしゃれかもしれません。

フェンスは自宅の敷地内からも見えるだけに、見ていても楽しくなる心地よい空間を実現できます。

もちろん、デザインを重視するだけでなく、強度や採光、風通しなどを意識することも大切です。

2.境界フェンスを立てるときに起こりがちなトラブル

境界フェンスを立てることで、近隣との境界をはっきりさせ、プライベート空間確保にも役立つことがわかりました。しかし、フェンスを設置した結果、思わぬトラブルに発展するかもしれません。そうならないためにも、境界フェンスを立てたときに起こりがちなトラブルを把握しておく必要があります。

まず、考えられるのは、自宅にフェンスを立てたために、隣家に日が当たらなくなってしまうケースです。プライバシーを守るためには、高さがあり、板と板との隙間が狭いフェンスが理想ですが、それが裏目に出ることも少なくないのです。

また、隣家の日差しをさえぎらなくても、フェンスの存在自体が圧迫感を与えてしまい、ストレスになることも考えられます。

さらに、フェンスが隣家との境界をはみ出してしまうケースもあります。その一つにブロック塀が挙げられます。こちらを立てるときは、ブロックの転倒を防ぐための大掛かりな基礎工事をしなければなりません。

もし、境界線のはみ出しがわかった場合は、基礎工事からやり直す必要がでてきます。しかし、施工が完了してからやり直すためには、地面を掘り直すなど大変な手間暇がかかってくるのです。

3.境界フェンスの設置で隣家とのトラブルを避ける方法

境界フェンスを設置したために、隣家とトラブルになっては大変です。フェンスのやり直しに労力やお金がかかるだけでなく、交友関係が悪化する恐れも少なくないからです。

そうならないためには、隣家とトラブルが起きないように心得ておかなければなりません。ここでは、トラブル回避に役立つ方法を3つ紹介していきます。

3-1.事前に境界をはっきりさせておく

隣家との境界にフェンスを立てるときは、事前に境界をはっきりさせておく必要があります。もし、それを怠ってしまうと、フェンスを立てるときに境界の位置で揉めるかもしれません。

不要なトラブルに発展させないためにも、事前に境界をはっきりさせておきましょう。そのとき、不動産を購入した際の図面などが役立ちます。また、隣家ともしっかり話し合い、境界を確認し合っておくとよいです。

もし、隣家との境界ギリギリにフェンスを立てるのなら、より一層の注意が必要です。基礎が地中で張り出していると、設置が難しくなると考えておくと良いです。

このような場合、少し内側にフェンスを立てるのが理想です。また、図面で確認しながら場所を決めることで、フェンスが境界を越えることを防げます。

3-2.隣家の日差しや通風への影響を考慮する

家の間取りを考えるとき、そのときの周辺環境を意識して決めることが一般的です。玄関や勝手口などの位置だけでなく、リビングや寝室などのレイアウトを左右することにもつながります。特に、リビングは家族が集まる場所であり、日当たり重視で決めることも少なくないです。

自宅にフェンスを立てることで起きる隣家への影響として、日差しや風通しが考えられます。日当たりや風通しのよい環境がフェンスの出現により一変、これまでよりも状態が悪くなることもあります。フェンスを立てるときに、そこまで意識しないかもしれません。

しかし、自分が逆の立場だったらどうでしょうか。隣家に迷惑をかけないためにも、日差しや通風しなどで支障がでないかどうか、第三者目線で考えてみましょう。そのためには、フェンスの高さも大事な条件です。最大でも2m以下にするのが望まれます。

3-3.フェンスを立てることを伝えておく

境界フェンスを立てるときは近隣への配慮が必要だとわかりました。しかし、自分で思っているだけでは相手に伝わりません。思ったことを行動に移さない限り、相手に伝わらないことを知っておく必要があります。

もちろん、フェンスの設置も例外ではありません。フェンスの工事前には、隣家にあいさつをしてフェンス設置の説明をしましょう。そのとき、フェンスの高さやデザインなども伝えておくと、イメージしやすくなるので親切です。

もし、隣家への断りなしに突然工事を始めてしまうと、隣家の心証を悪くしてしまいます。その結果、トラブルに発展することも多いのです。さらに、境界フェンスの件が発端となって、些細なことでクレームが来るようになるかもしれません。

家を建てるときは、その地域に馴染んでいくとの決意が必要です。もし、近隣トラブルが発生しても、安易な引っ越しは難しくなります。そうならないためには、こちらから下手(したて)に出で、誠意を示すことが大切です。また、謙虚な姿勢を保つことで、隣家との良好な関係づくりにも役立つでしょう。

4.隣家との境界があいまいな場合はどうしたらいい?

境界フェンスの設置に先立ち、隣家と話し合って納得してもらうことが大切だとわかりました。そのためには、低姿勢で臨むことも大事なポイントです。しかし、境界があいまいな場合は、話が難航することも少なくありません。

また、工事のときに境界杭が動くことや、劣化などによって境界標が見つからない可能性もあるでしょう。そうなると当事者同士での解決は大変困難です。境界をはっきりさせるためにも、土地家屋調査士に依頼して調べてもらいましょう。

土地家屋調査士は国家資格で、不動産に関する登記の専門家です。そのため、土地や家屋に関する調査や測量もできます。

また、不動産の表示に関する申請手続きなどを代理で行うことも、土地家屋調査士の大事な仕事です。土地家屋調査士の意見を取り入れることで、話し合いが進展する可能性がでてきます。

もし、土地家屋調査士に調査依頼しても解決できないときは、弁護士に相談する方法があります。その際には、工事の差し止め請求などに発展することも考えておきましょう。

5.場所ごとに違う!境界フェンスの選び方

隣家との境界をはっきりさせる、自宅の目印にできるなど、境界フェンスにはいろいろな役割があることがわかりました。

それだけに、境界フェンス選びは楽しみですが、悩むこともあるでしょう。もし、選択を誤ると不便な思いをしたり、近隣に迷惑をかけたりするかもしれません。

では、どのようなものを選べばよいのでしょうか。ここでは、境界フェンスの選び方について場所ごとに説明していきます。

5-1.道路との境界はデザインにこだわる

こちらに立てるフェンスは、多少お金がかかってもデザイン重視で選ぶとよいでしょう。道路に接する面は人目に付きやすいからです。

特に、外からの視線をさえぎるために立てる場合は、その目的にかなったものを選ぶことが大切です。なかでも、隙間が狭いフェンスを選ぶとよいでしょう。

また、家が持つ雰囲気と合わせて違和感がないように設置することも大切です。たとえば、洋風の家ならレンガとの組み合わせを工夫するとよいでしょう。

鋳物フェンスにはデザイン性があるので、個性的な雰囲気を醸し出すのに役立ちます。また、和風の家なら竹垣フェンスにする方法があります。

こちらは、岩や植栽などとの相性もよいため、落ち着いた雰囲気づくりにも一役買うでしょう。

このように、フェンスを立てるときは、家の外観を意識しながらアレンジを楽しむことができます。そのためには、門柱や門扉などとのバランスを考えることも大切です。

5-2.隣家との境界はシンプルなものを

木調色フェンス一方、隣家との境界に立てるフェンスはシンプルなものがおすすめです。特に、隣家との境界がわかればよいだけの場合、低いシンプルなフェンスで十分です。

その一つ、メッシュフェンスには価格が安く施工が早いなどのメリットがあります。また、境界は思った以上に長いことも多いので、低価格のフェンスにすると費用を抑えることにもつながります。

また、シンプルなフェンスを選ぶことによる思わぬ副産物にも注目されています。フェンスによっては表裏があるので、設置方法によっては隣家とトラブルになるかもしれません。

しかし、表裏のないフェンスなら、そういった隣家との不要なトラブルが避けられます。さらに、適度な隙間のあるのものなら、近隣とのコミュニケーションが取りやすくなります。このように些細な気配りをすることで、近隣との良好な関係づくりに役立つでしょう。

まとめ.

プライバシー確保などのために役立つ境界フェンスですが、自分だけの判断で立てるのはよくありません。

特に、隣家の境界に立てる際には、トラブルを避けるための配慮が必要です。また、フェンス設置に際しては施工業者選びも重要です。

やはり、正しい知識や豊富な経験をもとに、お客様の立場になって熱心に取り組んでくれる施工業者に依頼したいものです。

そのためには、この記事で紹介したことを参考にしてみてください。

筆者::外構職人歴20年・石川公宣

ご利用者様の声(Googleクチコミ)

株式会社石川デザイン企画
4.9
Based on 53 reviews
powered by Google
なり
なり
23:46 25 Oct 21
今回駐車場の境界フェンスを依頼して取り付けて貰いました。以前も外構工事をしてもらい、対応も仕上がりも満足したので今回も迷う事なく石川さんへお願いしました。工事は1日で終わり、想像以上の仕上がりにとても満足しています。また工事をすることが... あれば必ず石川さんへお願いをすると思います。ありがとうございました。read more
佐藤祥子
佐藤祥子
06:36 27 Sep 21
目隠しフェンスとウッドデッキの設置をお願いしました。最初に石川さんが家の状態を見に来てくださり、車の出し入れ等、生活に不便が出ないかしっかり一緒に見てくださいました。素人の私のどんな小さな質問にも真摯に答えてくださり、とても好印象でした... 。デッキの色に迷ったり、こちらの都合で何度か足を運んで下さいましたが、いつも丁寧に対応して頂きとても感謝しています。設置工事は3日間ほどで終わり、職人さん方も感じの良い方達で、仕上がりも家族みんなで大満足しています。また別の工事もぜひ石川さんの所でお願いしたいと思っています。近隣にお住まいの方にはぜひオススメしたいです(^^)ちなみに私が問い合わせた時は、ホームページのメールの調子が悪いと仰っていたので、直接お電話される方がおすすめです(^^)ありがとうございました、また今後ともよろしくお願い致します。read more
iarom iarom
iarom iarom
11:38 21 Aug 21
【目隠しフェンス】5社見積した結果、こちらにお願いしました。ハウスメーカー、ホームセンター2社、グーグルマップ2社(1社はこちら)〈理由〉あまりお金にならないのか、他会社は大変不誠実でした。(見積来ない、希望のフェンスと違う、... 希望してないフェンスでなおかつ金額が明らかに高い、設置場所の写真を取るだけで説明がない等)もう止めようかなと思ってました石川さんは、それらすべてを解消してくれました。専門的な説明も分かりやすく伝えてくださり、希望も聞いてくれて、それに合う見積を出していただきました。金額の出し方まで教えてくださりました😭お願いしてから工事日程も早く、工事は丁寧で1日で終わりました。大満足ですフェンスどこでやるか迷われてる方、オススメします💡read more
Y Flower
Y Flower
01:57 13 Aug 21
新築戸建の外構工事全般をお任せしました。適宜、確認や相談が双方向で行われ、納得するまでお付き合いくださりました。皆で一緒に作り上げるという感じです。信頼と安心をいただきました。職人さんの仕事ぶりは ”感動” します。社長の人柄には... "笑顔" が出ます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。read more
Rio West
Rio West
14:17 27 Jul 21
庭の拡張工事(法面を擁壁に改造)と石張りテラスの設置を依頼店社さん選定にあたっては①強度的に信頼できる工法で施工してくれる②自分の希望(設計原案)を十分に実現してくれる条件で数社さんを当たり、石川さんにお願いすることにしました。... 見積表記より、他社さんに比べて材料をへんにケチっていないことも決め手になりました。工事の中身を詰めるに当たって、当初予定のものよりもいいものが見つかると知らせていただき変更いただくなど、良心的に対応いただきました。施工に関しては若い職人さんが毎日朝早くから時には夜まで丁寧に施工していただきました。石川さん自身も要所要所でアドバイスいただき、また自ら手を出し、結果的に細かい部分で出来栄えの良い仕上がりしていただけたと思います。工事が完成し、狭い土地の古い土が、広くて新しい黒土に入れ替わり、テラス付きの希望通りの庭ができて満足しています。どうもありがとうございました。read more
菅野亜矢
菅野亜矢
22:05 01 Jul 21
門扉の工事でお世話になりました。電話で相談した時から感じの良い方だなと思っており、他の業者にも見積もりをお願いするつもりでしたが、即決で石川さんにお願いしました。結果、とても満足できる門扉となりました。小さな事でも親身になって考えて... 下さり、石川さんにお願いして本当に良かったと思っております。また何かあった際には次も石川さんにお願いするつもりです。本当に良い業者さんだと思います。read more
Michie Ezawa
Michie Ezawa
04:37 07 May 21
フェンス工事をお願いしました。社長の石川さんは、見積もりの時も誠実で、具体的な金額から施工方法まで詳しくお話して下さりました。工事当日初日は一日中雨の降る日でしたが、若い職人さんが都度細かく、慎重に確認をしながら作業していました。... 社長さんにも都度確認しながらだったようなので、安心できました。とても感じの良い、さわやかな礼儀正しい職人さん達で驚きました。完成したフェンス、とても気に入っています。念願が叶いました、ありがとうございました。また何かあればよろしくお願いします。read more
村上美穂
村上美穂
08:03 01 May 21
3年ほど前に築年数の古い家に越してきました。その自宅周りの雑草が凄く管理が大変でご依頼させて頂きました。当初は全面コンクリートにしたく他会社と相見積して決める予定でした。そして社長様本人が見積もりにいらしてくれて現地を見てくれたのですが、... 配管の老朽化、伐採した木の根や費用面を考えるとコンクリートは辞めた方が良いかもと詳しい説明をしてくださいました。その丁寧な対応、家の状態を考えてくれるとこ、一番は社長様の人柄の良さがあり石川さんに任せる事に決めました。作業は他の職人さんがきてくれました。若い方のようでしたが途中経過を見せてくれたりちゃんとした説明、礼儀正しい対応でした。一日かからず完成してくれました。出来もびっくりするほど綺麗で頼んで良かったって思います。和気あいあいとしていて皆さん仲良さそうで雰囲気も素敵な会社でした。また何かあった時は石川さんに頼もうと思います。この度は本当にありがとうございました。read more
Mayumi Sato
Mayumi Sato
02:07 22 Apr 21
去年に花壇を撤去して駐輪場を作りたいという依頼をさせていただきました。忙しい時期で年始にまたご連絡いただけるという事を電話で話した社長が親切でいい感じの方だと思って、なんとなく気長に待ちました。そしてご連絡いただき、担当のKさんが現場を見... に来てくれました。花壇とその付近のご相談をさせていただきました。とても話しやすく親切で思った通りのご提案をいただいて、ついでにずっと気にはなっていた狭い庭も雑草がすぐ出てきてどうにか有効活用したいなぁというご相談をさせていただきました。子供もいるので人工芝にしたいなぁと相談しました。人工芝は相談しながらこちらで用意しました。そして今回自転車置き場がなく仕方なく花壇を撤去したのですが、もともとあった花壇のブロックを庭の方で使って小さな花壇を作るのはという提案をしていただき花壇作ってもらいました。嬉しかったです!何でもこちらの要望をしっかり聞いてくれようとしてくれる雰囲気でした。工事が始まるまで少し時間がかかりましたが、始まるとなると植木の撤去などなど結構大きくて根もはっているものもありましたが、KさんSっちの若手コンビでどんどん進めて下さり、自転車のフェンス、庭の工事合わせて3日間で仕上げてくれました。出来上がってご近所さんにみんなに声をかけていただきかっこよくなったねー。と言ってもらえました。庭の芝生評判いいです。休みになり子供たちも外でお弁当を食べたり、コロナ禍でも一つの楽しみになったかと思います。また屋根の塗装など外構をやる時期になったら石川デザインさんにご相談させていただこうと思います。ありがとうございました。read more
kawa moto
kawa moto
00:21 21 Apr 21
新築外構をお願いしました。最初に連絡したのは約二年前、当時購入した土地の造成工事でトラブルに見舞われた際に、藁にもすがる思いで口コミのよかった石川デザインさんに相談させて頂きました。突然の問い合わせにも関わらず、とても親身に話を聞いてく... ださりアドバイスを頂戴し、トラブルを乗り越える事ができました。当時の土地はキャンセルになってしまったものの、今後家を建てる機会があれば絶対に外構は石川さんにお願いしようと決めていました。その後、新たな土地を見つけハウスメーカーで家を建て、外構工事は石川さんにお願いしました。外構のデザインはほぼ決まっていたので、その中で石川さんのご経験上こうした方がいい、これはやめた方がいいなど明瞭なアドバイスを頂きスムーズに打ち合わせする事ができました。かなりシンプルな外構ですが、金額はハウスメーカー提示の金額から50万以上安くなりました。工事は、お二人の職人さんが来てくださり朝から夕方まで雨の日も暑い日も本当に丁寧にお仕事してくださりました。工事前だけではなく、始まってからも分からない事や不安な事があればいつでも聞いてくださいと何度かお声掛け頂き、大変安心しました。実際に質問した時にも、面倒な顔一つせず対応して頂きました。また見積もりの範囲を超える様な事にもきめ細やかに対応して頂きました。終始丁寧なお仕事ぶりとお人柄のよさ、仕上がりどれも大満足で感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!read more
Next Reviews

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル