「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違いとは?

引き渡し

外構工事(エクステリア工事)の計画をしたとき、たくさんある候補の中から業者を選ばなくてはいけません。

ほとんどの人が外構工事の経験がないので、どの業者に工事を依頼をすれば良いかわからないはずです。

業者選びのポイントは予算内で工事をプランニングしてくれて、施工技術も高い業者を選ぶことです。

「値段が安い」という理由だけで業者を決めてしまったり、「デザインを追求」してしまったりすると、必ず「値段」か「施工面(デザイン性)」のどちらか一方に偏ってしまいます。

たとえば、値段が安い業者に工事を依頼すると、「粗悪な工事」をされてしまう可能性が非常に高くなります。代表的なのは手抜き工事であり、必要な工程を省いたり材料を減らして利益を上げる悪徳業者は驚くほど多いのが建設業です。

手抜きコンクリート工事

また、値段のことを考慮せずにデザインばかりを追求した場合、目を疑うような「高額な工事費用」になってしまいます。

良い業者というのは、お客様のことを第一に考えているので、納得がいくまでヒヤリングをしてくれます。できるだけ質の良い工事を、お客様の予算内に収めるようにプランニングしてくれます。

そこで、外構工事を依頼する前に、「予算」と「工事内容」を具体的に決めておきましょう。この二つさえ決まっていれば、外構工事のプランニングをスムーズに行うことができるできます。

また、外構工事を依頼できる業者は大きく分けて2種類あります。以下の内容を頭に入れておけば、外構業者選びに役立ちます。

住宅メーカーやホームセンターは自社で工事を行わない

まず、住宅メーカーやホームセンターといった大資本の大手企業は自社で工事を行いません。これらの企業は「下請け業者へ丸投げ」しているのです。お客様を集めて施工管理をすることができますが、自社で工事を行うことはできません。

下請け業者へ外構工事を丸投げすることで、住宅メーカーやホームセンターは「マージン(手数料)」を抜き取っています。

つまり、本来の工事費用とは別に、余分な手数料が工事費用に含まれているということです。

中間マージン

たとえば、住宅メーカーやホームセンターが300万円の外構工事を行うとします。このときの中間マージンが30%の場合、住宅メーカーの下請け業者が実際に行う工事内容の費用は210万円前後となります。

残りの90万円は住宅メーカーが手数料としてチャージするからです。

これだけのお金があったら、貯金に回したり子供の貯金に回したりできますよね。

さらに、住宅メーカーの下請け業者が、専門であるエクステリア業者と同じ内容の仕事をしようとしたら300万円では作り上げることは不可能です。専門業者の強みである「高品質かつスピーディー」に工事をこなしてくれるので、片手間で外構工事をするような業者では手も足も出ません。

では、外構専門であるエクステリア業者はどうでしょうか?

外構専門で工事をしているエクステリア業者に300万円の予算で外構工事を依頼したら、想像をはるかに超える素晴らしい仕事をしてくれます。

自社で工事を行うことで、余分な手数料が一切かからないからです。

外構工事の専門家であるエクステリア業者はお客様の理想を細かく聞き入れ、思い描くイメージを形にして提供してくれます。

上記の例の場合では、全く同じ値段の工事でも、工事を依頼する業者を間違えてしまうと品質の面で100万円近くの差が生まれてしまいます。

工事に対する思い入れも専門業者には勝てません。

業者選びで失敗しないために、「理想を掲げ、最高の対応をしてくれる業者」を選別していきましょう。

さらに、外構工事専門業者ではないので「個性的な外構工事」を行うことができません。さらに、工事のパターンやデザインが決まっているため、メーカーごとに「外構の癖」がでてしまいます。

見慣れてくると「あの外構は〇〇ハウスの外構工事で、こっちの外構は△△ホームの外構工事」と分かってしまうほどパターンが少ないです。

しかも、外構パターンが少ないうえに工事費用は割高です。

たしかに、ある程度は「ああしたい、こうしたい」という意見を取り入れてくれます。しかし、決まった外構を組み合わせていくだけなので「面白みがある外構」を作るのは難しいでしょう。

ただ、大手企業の強みは「保障」がしっかりしています。単に値段が高いというわけではないということを頭の中に入れておいてください。

外構専門業者はデザイン(設計)から施工までを自社で行う

次に、外構工事を行える業者として「外構専門業者(エクステリア業者)」があります。外構専門業者は、自社でデザインから施工まで行っているので、「デザイン性に優れている」うえに「妥当な金額」で工事を行ってくれます。

よく「外構専門業者に工事の依頼をするのは敷居が高い……」と思っている人がいます。

しかし、そのようなことはありません。

むしろ「工事費用を安く抑える」ことができて、さらに「あなただけのデザイン」で外構工事を行ってくれるのでかなりお勧めです。

外構工事を専門で行っているため、「知識」や「技術」はかなり高度です。ヒヤリングでは、あなたが思い描く理想を聞き出してくれて、工事面ではそれを形にしてくれます。個性的で見栄えがよく、周りの建物に差をつけることができます。

ただ、外構専門業者といっても業者によって「デザイン」や「提案内容」、「金額」は異なってきます。外構工事を依頼する際、損をしないために行わなくてはいけないことがあります。それは、多くの外構業者に見積もりを依頼することです。これは、住宅メーカーやホームセンターにも共通していえることです。

ほとんどの業者が見積もりは無料で行っています。複数の業者に見積もりをしないと「大きな損」をしてしまう可能性があります。

例えば、駐車場の外構工事の見積もりを依頼したとします。外構業者Aは手厚い保障プラス充実の工事内容で200万円の見積もりを出しました。一方、外構業者Bは同じような保障内容で工事内容も変わらないのに、180万円の見積もりを出してきました。外構業者A・B共に同じ内容なのに20万円も差額が生じています。

最初に見積もりを出した外構業者Aに工事を依頼することが悪いとは言いません。ただ、複数の業者に見積もりをとることでより良い業者を見つけることができるということです。

最低でも3社以上の業者から見積もりをとることが理想です。外構工事で「損」をしないために、値段と工事の仕上がりに満足することができる業者を見つけなければいけません。

外構工事を「一生に一度の買い物」と思って、妥協をせずにあなたに合った業者を見つけ出しましょう。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル