ブロック塀にモルタルを用いるDIY~塗る方法

外構工事は、専門業者に依頼すると砂利を敷くだけの小規模な工事でも数万円以上の費用が掛かってしまいます。

この費用の中には、材料費はもちろんのこと、職人の人件費も含まれています。

そのため、全てを外構専門業者に任せてしまうのではなく、あなた自身で行える作業は率先して行うと良いです。

そのこともあり、近年ではDIYを行う家庭が多くなってきました。

本来であれば高額な外構工事を、材料費のみで行うことができるため、最小の費用で見栄えの良い庭を造り出すことができるからです。

例えば、ブロックで作られた門扉や塀は時間の経過と共に汚れたり風化したりします。

そこで、DIYでブロックにモルタル(セメントと砂、水を混ぜ合わせたもの)を塗ると良いです。

これがコーティングになり、耐久性を高めることができます。

また、モルタルは柄や色をつけることができるため、建物の印象を大きく変えることができます。

ただ、「素人がモルタルを塗るのは難しいのでは?」と考える人は多いです。

しかし、ブロック塀は平面なため、施工方法さえ分かっていれば比較的簡単にDIY可能です。

ブロック塀にモルタルを塗るメリット!

ブロック塀は擁壁(ようへき:コンクリートの壁)に比べて施工費用が安価なため、目隠しや塀として多くの場所で採用されています。

ただ、従来のコンクリートブロックは柄や色が統一されているため、どこか味気ないです。

特に、古くなったブロック塀は黒ずんでしまうため、時間の経過と共に見栄えを失ってしまいます。

だからといって、取り壊して新しく化粧ブロック(色や柄のついたCB)のような洒落た材料で作り直すには多額な費用が必要になってきます。

そこで、ブロックをモルタルで塗り直すことで、見栄えはもちろんのこと、耐久性も向上するため一石二鳥です。

低予算で庭の印象を大きく変えたい場合はお勧めです!

また、モルタルを塗ることで割れやヒビなども補修することができ、耐水性も向上します。

もし、「塗料でブロック塀を塗りたい」と考えている場合、コンクリートブロックに直接塗装してしまうと、どうしても目地が目立ってしまいます。

しかし、下地にモルタルを塗ることで表面が平坦になるため、塗り替えを行った際の仕上がりが良くなります。

ブロック塀にモルタルを塗る方法

モルタル塗りに必要な道具は、「セメント」と「コテ(モルタルを撫でる道具)」、「コテ板(練り上げたモルタルを持ち運ぶ道具)」です。

これらの材料は、ホームセンターやインターネットで入手することができます。

もし、どれを使用すれば良いか分からない場合、店員に相談すれば必要な材料を揃えてくれます。

施工方法はまず、モルタルを塗る予定のブロック表面を水洗いします。

苔や砂などのゴミが付着している場合、モルタルの定着が悪くなるからです。

また、濡れている間にモルタルを塗り込むことで、接着力が強くなります。

このとき、汚れてはいけない場所は養生(ようじょう:ビニールや新聞紙、マスキングテープなどで覆うこと)しておくようにしましょう。

次に、練ったモルタルを塗り上げていきます。

塗る順番は、右利きの方であれば左上から始めて左から右へ、左利きの方であれば右上から開始して右から左へ施工します。

このとき、下から上へモルタルを塗っていくときれいに仕上がります。

また、コテの進む方向を少し浮かし気味にして作業を進めれば、見栄え良く表面をならすことができます。

高さがある場合、一度で塗り上げようとすると仕上がりが悪くなってしまうため、上下半分ずつ施工すると良いです。

このとき、下を塗装する際の順番は、上を塗ったときと同じように進んでいくようにしましょう。
全体を塗り終えたら、「周囲 → 全体 → 周囲」の手順で撫でていきます。

そうすることで、コテの跡が残りづらくなり、見栄え良く仕上がります。

注意点としては、一点を集中して撫でるのではなく、上下左右に大きくコテを動かすようにしましょう。

硬化する前のモルタルは柔らかいため、コテの後が残ってしまうからです。

このとき、コテの角度は初めにモルタルを塗るときのように浮かさず、全体の面を使って仕上げていきます。

あとは、コテの跡がなくなるまで撫でれば完成です。

ただし、モルタルが完全に乾燥するには3週間前後の時間が必要です。

そのため、施工直後は触ったり人が近づいたりしないように、バリケードを置くなどして対処しておきましょう。

また、モルタルを塗った後に塗装を考えている人も同じように、乾くまで待ってから塗料を塗ると良いです。

ただ、塀や門扉は敷地の入り口に位置する場所「建物の顔」であるため、「見栄えの良い外観にしたい」と考えているのであれば、外構専門業者に施工してもらうことをお勧めします。

素人が行うDIYでは、プロの品質には遠く及ばないからです。

また、ブロック塀は法規を守った上で正しい施工されたで作られたもので耐用年数は30年程度といわれています。

そのため、ブロック塀の状態に応じてモルタルを塗るかどうかを判断してください。

まとめ

表面をきれいにしたところで、ブロック塀の強度が無くなっている場合、地震や外部からの力(寄り掛かったり風が吹いたりすること)が加わったときに倒壊してしまう恐れがあるからです。

DIYを行う際は、いきなり大きな工事から始めずに、小さな作業から挑戦するようにしましょう。

なお、意外に思われるかもしれませんが、DIYよりも職人に依頼したほうが安いケースも多々あります。

材料を安く仕入れられるのはもちろんのこと、失敗がなく作業が早いからです。

当然仕上がりも美しいため、DIYで始める前に一度無料見積りを依頼しておおよその金額を把握してから取り掛かることをお勧め致します。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル