エクステリアは駐車場が肝心って本当?駐車場で失敗しないためにやるべきこと

エクステリアのなかでも、もっとも重要な場所と言えば駐車場ではないでしょうか。

なぜならお住まいに駐車場があれば、車を敷地内に止められるため、かなり便利だからです。

駐車場の工事といってみも、色々な種類があります。

例えば、新築の外構工事や、庭を切り開いて駐車場にするリフォーム工事です。

また、皆さんがよく目にするスーパーマーケットなどの店舗の駐車場はアスファルトが一般的です。

しかし、一般住宅の駐車場は、コンクリートが主になります。

そんなコンクリートの駐車場ですが、正しく理解した上で、工事を行わなければ、後悔の残る結果となってしまう恐れがあります。

そのようなことに陥らない為に、このページでは、エクステリア工事のなかでもカギとなる駐車場工事について解説していきます。

1.エクステリアの駐車場について

エクステリアとは、建物の外の場所を指します。

たとえば、庭や外壁、駐車場、カーポート、玄関アプローチ、フェンスなどが該当します。

それらを総合してエクステリアと言います。

エクステリアにはそれぞれに役割がありますが、そのなかでも大いに役立つのが駐車場というわけです。

2.駐車場のコンクリートは車を停めるだけではない!たくさんのメリットがある

戸建て住宅に駐車場コンクリートを作れば、自家用車を停められるようになるため便利になるのは間違いありません。

そんな駐車場ですがお住まいに駐車場を作るメリットは予想以上にたくさんあることを知っておきましょう。

2-1.駐車料金がかからなくなる

お住まいに駐車場がない場合は、近くの月極駐車場へ停め続けなければなりません。

当然、その期間は永久に駐車料金が発生し続けるものです。

高い場所ですと、1台当たり月に数万円もするため、ある意味家賃をもうひとつ払っているような感覚になります。

支払う駐車料金を年間や5年、10年と見るととんでもない金額になっているのではないでしょうか。

でしたら、今の戸建てに駐車場を作ってあげることで毎月の固定費がなくなります。

2-2.家の目の前に車を停めるから移動が楽

自宅を駐車場にするのは、決してお金だけがメリットではありません。

なぜなら、月極駐車場であれば少なくとも歩かないと車までたどりつきませんが、自宅前であれば玄関をでてすぐに乗り降りができます。

天気が悪いのはもちろん、真夏や真冬の環境であれば1分1秒でも車に乗りたいと思うものです。

また、大きな荷物がある場合も駐車場から自宅まですぐに運べるため、非常に便利と言えます。

2-3.カーポートを設置することで雨に濡れない

駐車場3駐車場にカーポート(屋根)を設置することで、車はもちろん家族も雨に濡れずに車の乗り降りが可能となります。

何か荷物で手がふさがっていたとしても、カーポートがあるおかげで濡れません。

また、カーポートが雨や紫外線を抑えてくれるため、車にも良い影響を与えてくれます

2-4.雑草対策ができる

雑草意外かもしれませんが、自宅を駐車場にすることで雑草対策ができます。

お住まいによっては、庭が雑草でおおわれている可能性があります。

定期的なメンテナンスは、意外に大変ではないでしょうか。

その為、コンクリートの駐車場にされることをおすすめします。

なぜなら、コンクリートにすることで雑草が生えなくなるからです。

駐車場を作ることで、車を停めるだけではなく雑草対策までできるのは非常に嬉しいのではないでしょうか。

3.お住まいを駐車場にするにはいくつかの方法がある

お住まいの敷地の一部を駐車場にできますが、いくつかの方法があるということをご存知でしたでしょうか。

やりかたによっては見栄えもメンテナンスの方法も大きく異なるため、知っておいて損はありません。

3-1.砂利

もっとも費用が安くて簡単にできるのが砂利です。

砂利であれば、単純に敷地内に敷き詰めるだけですから、費用も工期もそこまでかかりません。

また、砂利内で歩くと、ジャリジャリと大きな音をたててくれるため、防犯的には非常に優れていると言えます。

しかしながら、砂利と砂利のあいだから雑草が生えたり、砂利が減ったりするため、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

3-2.アスファルト

一般道路でよく使われているあの黒い道路がアスファルトです。

アスファルトも駐車場でよく見かけますが、色が黒いということもあり熱がこもりやすいというデメリットがあります。

比較的費用面は安いですが、色が黒いためエクステリアとしての見た目を損ねてしまう可能性があります。

3-3.コンクリート

エクステリアの駐車場でもっとも人気なのがコンクリートです。

コンクリートはアスファルトと違い、色は白く見た目がキレイなため戸建てに選ばれる傾向にあります。

またコンクリートは、メンテナンスが非常に楽で耐久性が高いことから、人気の方法と言えます。

ただし、アスファルトや砂利よりも費用は高くなりがちです。

4.エクステリアの駐車場にかかる費用について

エクステリアで駐車場にする場合、どうしても気になるものがあるはずです。

それは費用の問題ではないでしょうか。

ある程度費用を知っておけば、業者にお願いしやすくなるはずです。

4-1.駐車場

大きい駐車場基本的に、1台分の駐車場の広さは約17平方メートルです。

エクステリアで駐車場にした場合、1平方メートルあたり9,500円くらいと考えますと、

9,500円×17平方メートル=161,500円という見積もりが完成します。

この金額のなかには、掘削作業や採石代なども加味しています。

ただし、残土の運搬処分費は含まれておりません。

4-2.カーポート

駐車場3駐車場にカーポートを設置するケースは多々あります。

カーポートがあれば、車や人が雨に濡れることがなく、直射日光をさえぎってくれます。

カーポートの種類にもよりますが、およそ20万から40万円前後と考えておくべきです。

4-3.ガレージ

戸建てにお住まいの人は、敷地内にガレージを設置するのが夢ではないでしょうか。

ガレージは車を駐車する場所ですが、趣味の部屋として利用している人もいます。

ガレージを設置する場合の費用は、およそ100万円~200万円を見ておくといいです。

大掛かりな工事となるため、費用はかなり高めです。

4-4.チェーンポール

エクステリアがオープンスタイルだけれど、防犯的に少し心配と言う場合はチェーンポールの設置がおすすめです。

チェーンポールの設置費用は本数にもよりますが、およそ20万から40万円ほどかかります。

5.エクステリアで駐車場にする場合の注意事項について

これから駐車場を作りたいを考えた場合、いくつかの注意点があります。

後悔しないようにするためにも、知識として知っておきましょう。

5-1.余裕のあるサイズで設計する

大きい駐車場残念ながら、日本の土地は海外のように広くはないため、限られたスペースで駐車場を作らなければなりません。

駐車場を作ったものの、乗り入れがしづらい、荷物の出し入れができないとなると元も子もありません。

その為、余裕のある駐車スペースができるように考慮しましょう。

5-2.玄関アプローチを考慮する

アプローチ住まいの顔と言えば玄関アプローチではないでしょうか。

玄関アプローチとは、玄関から門までをつなぐ通路のことを指します。

玄関アプローチがあれば、駐車場から玄関までの移動がスムーズになるため、非常に便利と言えます。

5-3.予算を考える

費用が高い理由いくら素敵な駐車場にしたいと思っていても、かならず予算があるはずです。

ちょっと無理して予算オーバーしてもいいのでは、と思ってしまうかもしれませんが、あまりおすすめはしません。

なぜなら、落ち着いたときに後悔してしまう可能性があるからです。

まずは、金額がある程度分かれば落ち着いて考えるようにしてください。

6.まとめ

エクステリアのなかでも、もっとも重要な場所が駐車場です。

コンクリートの駐車場があれば、車を停められたり、場合によってはメンテナンスも少なったりします。

ただし、いくら頑丈な駐車場コンクリートでも、工事方法に手抜きや、材料を減らして行う欠陥工事を行われては、本末転倒です。

工事金額は安いに越したことはありませんが、安すぎても問題です。

安物買いの銭失いになりかねません。

つまり、施工業者次第ということです。

インターネット等を利用して、気になる施工会社をリサーチして、口コミや評判を確認してください。

業者選びが肝心ってことです。

このページで学んだことを参考にしていただき、きちんとした駐車場工事が出来れば幸いです。

筆者:外構工事職人歴20年 石川公宣

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル