エクステリアは庭が肝心って本当?とっておきの空間を作るためにやるべきこと

これからお住まいのエクステリアを、キレイにしたい、理想の庭にしたいとお考えの人は非常に多いのではないでしょうか

エクステリアのなかでも、多くの面積を占める庭はとても重要なポイントと言えます。

そこで今回は、エクステリアの庭についてお話ししますので参考にしてみてください。

1.エクステリアとは何?

悩む女性インテリアと言われると、なんとなくイメージがわきますが、エクステリアと言われるとあまりピンとこないのではないでしょうか。

エクステリアとは、住まいの外観のことを指します。

たとえば、門やフェンス、駐車場、カーポート、玄関アプローチのことをエクステリアという表現であらわされます

対してインテリアは、住まいのなかにあるソファやテーブル、照明などが該当します。

つまりインテリアは家のなかで、エクステリアは家の外と考えると簡単ではないでしょうか。

エクステリアはインテリアと違い、住人はもちろん訪問者や通りすがりの人にまで見られる場所のため、思っている以上に重要な場所と言えます。

2.エクステリアは庭だけではない!さまざまな役割を果たしてくれる

エクステリアとひとくちに言っても、さまざまなものがあり、それぞれが良い役割を果たしてくれています。

2-1.庭

コンクリート塗装戸建て住宅と言えば、庭ではないでしょうか。

広い庭があれば、植物や生き物を育てたり、趣味の場所として利用できたりするため、だれもが憧れるものだと言えます。

また、庭によってはウッドデッキなどを設置することで、家のなかだけではなく庭でもくつろげる場所ができます。

2-2.玄関アプローチ

インターロッキング玄関玄関アプローチは、門扉から玄関まで続く道のことを指します。

おしゃれな玄関アプローチにすれば、住人はもちろん訪問者も楽しい気持になれます。

レンガやタイル、コンクリートなど、デザイン性が豊富なため、世界でたったひとつの玄関アプローチが実現します。

2-3.駐車場

④土留めブロック車を1台でも持っていれば、駐車場が必要になってきます。

ですが、単純に車を停めるスペースをあければいいだけではありません。

車をキレイに乗り続けるため、そして快適に過ごすために、コンクリートや砂利などで舗装します。

2-4.塀

老朽化ブロック塀とは、敷地内にある壁のことを指します。

たとえば、ブロック塀と言えばイメージしやすいのではないでしょうか。

一昔前から戸建てにはブロック塀が利用されていたため、知っている人も多いはずです。

塀を設置することで、外からの視界をさえぎるとともに、境界線として活躍してくれます。

2-5.フェンス

目隠しフェンス(大)塀はブロック塀などの囲いですが、フェンスはエクステリアを彩る役割を果たしてくれます。

フェンスによっては視界をさえぎってくれるものもあれば、デザイン重視のものもあるため、個性豊かなエクステリアが完成します。

2-6.テラス

テラスとは、地面からすこし高くなったスペースのことを指します。

庭をテラスにすることで、タイル張りやウッドデッキや、屋根を設置して独自の空間が誕生します。

2-7.照明

照明インテリアでも照明を使いますが、エクステリアでも照明は大いに活躍します。

たとえば、玄関や表札、アプローチなどに照明を設置することで、夜は安心して歩けますし、なによりライトの光でお住まいや観葉植物などを照らしてくれ、雰囲気の良い庭となります。

照明の種類や設置方法を工夫することで、いつものお住まいが、また別の雰囲気をかもしだしてくれることでしょう。

2-8.植栽

植栽の移動植栽とは、庭に植えられた木や花のことを指します。

個々に自分の好きな木や花を植えることで、雰囲気のあるエクステリアが実現します。

表現の仕方によっては和風にもなりますし、素敵な洋風にもできます。

また、植栽によっては木や花たちが目隠しの役割も果たしてくれます。

3.エクステリアのスタイル

エクステリアの庭を作る際に、その周辺のことも考えなければなりません。

たとえば、塀やフェンスはどうするのかなどが該当します。

エクステリアにはいくつかのスタイルがあるため、知っておいて損はありません。

3-1.オープンスタイル

住まいの開放感を重視したいのであれば、オープンスタイルがおすすめです。

オープンスタイルとは、塀やフェンスですべてを囲わない方法のことを指します。

家全体が狭くても、オープンスタイルにすることで開放感がアップしますし、コスト的にもやさしいというメリットがあります。

ただし、家全体を囲わないため防犯性は少し心配が残ります。

3-2.クローズスタイル

プライバシーを重視したいのであれば、クローズスタイルがおすすめです。

クローズスタイルとは、住まいをすべて塀やフェンスで囲う方法のことを指します。

全てを囲うため、外から家のなかを見られないというメリットがあります。

ただ、どうしても住まいが狭く感じられるのと、侵入者が入ったときにはその囲いがあだとなってしまいます。

3-3.セミクローズスタイル

クローズとオープンの両方を良いとこどりをしたのが、セミクローズスタイルです。

塀やフェンスで隠したいところだけを隠し、オープンにしたいところはオープンにするという方法があります。

ただ、クローズとオープンの悪いところがでてしまう、というデメリットがあります。

4.庭から駐車場にするケースについて

これから車を新たに購入したり、さらにもう1台増やしたり、と思ったときには近隣の月極駐車場を検討されるはずです。

ですが、もしお住まいに庭があればそこを駐車場にできるということをご存知でしたでしょうか。

月極駐車場を契約すれば、かならず費用が掛かってきますが、ひとたび庭を駐車場に変えれば毎月の費用は発生しません。

庭を駐車場にするメリットはたくさんありますので、見ていきましょう。

4-1.駐車場として利用できる

やはり、庭を駐車場にすることで自家用車を好きなときに停められるというのは大きなメリットではないでしょうか。

とくに、家族で複数台の車を所有している場合は、その台数分の駐車場があれば理想と言えます。

4-2.駐車料金が不要

お住まいのエリアによっては、月極駐車場の料金は非常に高い傾向にあります。

とくに都会に行けば行くほど、1台当たりの駐車場料金は、1カ月に数万円もするものです。

つまり、年間で10万円も20万円も支払わないといけない、ということです。

庭を駐車場にする場合、当然工事の料金はかかってきますが、長く利用するのであれば月額を払い続けるよりもオトクだと言えます。

4-3.やり方によってはメンテナンスが楽になる

庭は基本的に草木が生えている状態になっているはずです。

当然、こまめにメンテナンスをしないと雑草がのび続け、見た目が悪くなってしまいます。

そんなときに庭をコンクリートにすることで、雑草が生えることはなくなります。

4-4.水はけがよくなる

芝や砂利の庭ですと、どうしても雨が降った後は水はけが悪くなってしまうものです。

当然、雨量によっては翌日でも庭が使えないなんてこともあります。
ですが、庭をコンクリートにしておけば、水はけがよくなりますので利用しやすくなります。

5.まとめ

エクステリアの庭はやり方によっては、さまざまなメリットがあります。

とくに庭を駐車場にすることで、車をお住まいに停められますし、何よりメンテナンスの回数も少なくなります。

もし、庭をキレイにしたい、変えたいとのことでしたらプロに相談してみてはいかがでしょうか

筆者:外構職人歴20年・石川公宣

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル