コンクリート壁の倒壊を防ぐ点検方法

外構工事を行う人の中でも、コンクリートを使用した工事を行う方はたくさんいます。

コンクリートはクールな印象なので、デザイン性に優れています。

さらに、耐久性と高強度を誇っているため、大人気の外構工事です。

コンクリートを使用した工事は、駐車場や建物の周りを囲む塀の工事などがあります。

駐車場の場合、割れたりひびが入ったりしても見栄えを損ねるだけであり、大きな事故には繋がりにくいです。

一方、コンクリートを使用した壁や塀の場合、崩れ落ちる心配があります。

もし、崩れた瞬間に人がそばにいた場合、巻き込まれる可能性があります。

実際に、家の塀が崩れて下敷きになる事件が発生しているのは事実です。

世帯主である以上、敷地内の外構に対して責任を持つ義務があります。

そこで、コンクリートの点検方法を以下にまとめました。

放っておくと恐ろしいことでも、事前に確認することで事故を未然に防ぐことができます。

コンクリートの表面を確認する

前述の通り、耐久性に優れているコンクリートであっても、永久にその姿を保つものではありません。

近年では、耐震に対して敏感になってきているため、一昔に比べて高強度なコンクリートが増えました。

一方、古くに作られたコンクリート構造物は十分な強度が無いものが多く存在します。

コンクリート構造物の中には張力(引っ張る力)に強い鉄筋を入れなければいけません。

鉄筋が入っていないコンクリートを「無筋コンクリート」と呼び、圧力に耐えられるコンクリートとは異なります。

コンクリートの中に鉄筋が入っていたとしても、ジャンカあるいは打ち継ぎが発生しているコンクリートは要注意です。

特に、右の写真のように、表面に砂利が浮き出ている場合(ジャンカが発生している場合)は危険です。

鉄筋が空気に触れてしまうと酸化してます。

そこで、アルカリ性のコンクリートに包まれてると、錆びから鉄筋を守ることができます。

しかし、ジャンカが発生しているということは、鉄筋がむき出しになっている可能性があります。

その場合、ジャンカが発生している周辺の鉄筋から腐食が始まります。

また、雨なども入ってしまうため、一気に錆びが広がります。

もし、あなたの家の外構にジャンカを見つけたら、危険だと思ってください。

なお、新しく作ったコンクリートの壁であっても、も同様に気を付けてください。

早めに対応をして、業者へクレームを入れる必要があります。

直ちに補修する

このページで述べてきたように、コンクリートはきちんと施工しなければ指定された強度を生み出すことができません。

正しい工程で打ち込まれたコンクリートでなければ、すぐに壊れてもおかしくありません。

前述の通り、鉄筋が空気に触れることで酸化が始まります。

この問題はジャンカだけではなく、コンクリートに走る亀裂も同様です。

コンクリートのひび割れを発見したら、すぐに対処する必要があります。

水と空気が中に入らないように、シーリング材と呼ばれる材料を流し込みます。

これを行うことで、コンクリート内部の鉄筋を酸化から守ることができます。

ただし、ひびが入っているということは、コンクリートが一つの塊ではなくなっているということになります。

小さなひびならまだしも、ひび割れていることが一目瞭然の場合はかなり危険な状態です。

まとめ

このとき、大きな事故になる前に、外構専門業者へ相談するようにしてください。

私たちが住んでいる建物を守るはずの外構が、私たちを傷付ける存在になってしまっては元も子もありません。

もし、「コンクリートだから壊れるはずがない」と思っているようでしたら、考えを改めてください。

まずは、今すぐコンクリートの表面を確認してみましょう。

外構工事を考えている方

メールで問い合わせ

フリーダイヤル